ピクシブ百科事典

亡き王女のためのパヴァーヌ

なきおうじょのためのぱゔぁーぬ

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲、および1910年にラヴェル自身が編曲した管弦楽曲。『逝ける王女のためのパヴァーヌ』とも。
目次[非表示]

曖昧さ回避

もしかして→亡き王女の為のセプテット

概要

原題は、(Pavane pour une infante défunte)。ラヴェルが24~5歳頃(1899年)の作品で、パリ音楽院在学中に作曲した。諸説あるが、ラヴェルがルーヴル美術館を訪れた時にあった、17世紀スペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが描いた、「マルガリータ王女」の肖像画からインスピレーションを得て作曲した、とされる。なお、パヴァーヌとは、16世紀から17世紀にかけてヨーロッパ宮廷で普及していた舞踏のことである。
1910年に、ラヴェル自身がこの曲を、フルート2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、オーボエ1、ハープ1、弦楽器の小管弦楽用に編曲した。

関連イラスト

亡き王女のためのパヴァーヌ
亡き王女のためのパヴァーヌ



関連タグ

亡き少女の為のパヴァーヌ 亡き王女の為のセプテット

関連記事

親記事

ラヴェル らゔぇる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「亡き王女のためのパヴァーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4160

コメント