ピクシブ百科事典

人工肛門

じんこうこうもん

人工的な排泄器官

大腸がんや排泄器官の損傷、不備により肛門からの排泄が困難となったものが腹部に設ける人工的な排泄器官。
通常の肛門と違い排泄を我慢することができないためパウチと呼ばれる便を受け止める袋を設置する。
鎖肛と呼ばれる、肛門がふさがる症状の場合本来肛門がある場所に外科手術で肛門を作ることにより人工肛門を取り外すことが可能であるが、がんなどによって人工肛門となった者の回復の方法は現状、知られていない。

コメント