ピクシブ百科事典

人類の10分の9を抹殺しろと命令されれば、こうもなろう

じんるいのじゅうぶんのきゅうをまっさつしろとめいれいされればこうもなろう

「人類の10分の9を抹殺しろと命令されれば、こうもなろう」とは劇場版アニメ「機動戦士ガンダムF91」に登場するセリフの一つ。

私は機械ではない。百科追記のため、概要を強化したものだ

カロッゾ「お前が私の近くに来たいらしいからこうしてやったが、つくづくお前は悪い子だ、大人のやることに疑いを持つのは良くないな…

セシリー「あなただって、強化人間にされたからって、おじい様に反逆をしています!でも少しでも人間らしさを残しているならば、今すぐ、こんなことはやめなさい!!」

カロッゾ「人類の十分の九を抹殺しろと命令されればこうもなろう!!

セシリー
機械がしゃべることかーっ!!
--------------------------------------------------------------------------
劇場版アニメ「機動戦士ガンダムF91」の敵役にしてラスボスであるカロッゾ・ロナの最終決戦時のセリフであり、カロッゾの異常性を引き立てる名台詞になっている。

この「人類の10分の9を抹殺」というのは、地球圏において増え過ぎた人口を、適切な数にまで“間引き”するという意味だが、クロスボーン・バンガード総帥のマイツッァー・ロナは、そのように短絡的な手法を考えていたわけではない。
地球連邦政府に代わって、コスモ貴族主義による統治を確固たるものとし、その上で長い期間をかけて人類を高めていけば、人は個の欲望を制御出来るようになるという(馬鹿馬鹿しい)理想論なのだが、『科学者』であり『入り婿』であり、妻に見限られたカロッゾがいつしか自己強迫観念によって「迅速に結果を出さねばならない」と追い詰められ、このような曲解に辿り着いてしまったのである。


上記の、出来もしない理想を語り、実行に移したマイツッァーにも責任の一端はあるが、本質的には結婚し、子供まで作っておきながら、いつまでも夢見る少女であり続けた――『妻』となり『母』となる事を面倒と切り捨てた、ナディア・ロナ(セシリーの実母)の罪を象徴する台詞であると言える。

ええいよくも動く、関連タグとでも言うか!?

機動戦士ガンダムF91 カロッゾ・ロナ ふはは怖かろう

コメント