ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

仮面の王

0

かめんのおう

ゲーム『ニーアレプリカント』及び『ニーアゲシュタルト』に登場するキャラクター。主人公ニーアの友人。

CV:榎木淳弥(青年期)/綾里まる(少年期)


概要

砂漠にある「仮面の街」の若き王様。

奔放な性格で側近を困らせることもあるが、国と民を誰よりも想っており、王としての尊敬を集めている。


プロフィール

性別男性
年齢前編10歳/後編15歳
身長前編130cm/後編175cm
武器
髪の色赤みがかった銀色
瞳の色水色がかった灰色

出典:設定資料集『Grimoire NieR』


人物

民のことを何よりも優先して考える心優しい性格。10万以上にも及ぶ「掟」を遵守する街で生まれ育ち、それゆえに掟に縛られることを嫌う。「掟は自由を知るためにある」という考えを持つ。


少年期で初登場した際はまだ王子であり、砂の神殿で王家の仮面を手に入れてからは王として認められる。ちなみに第93代目の王子らしい。


仮面の街特有の言語で話すため、字幕を見なければ何と言っているのか理解しがたい。最初はニーア白の書も困惑していたが、ふたりは短い間で聞き取れるようになっている。


仮面の人々全員にいえることだが、掟に縛られる彼らは逆に掟に書かれていないことは一切気にしない。偏見を持たずに接してくるため、他の村では差別を受けるカイネエミールも仮面の街では快く受け入れられている。


本名はゼクス。ドイツ語で「6」を意味する。

しかし、作中で本名を呼ばれることは一度もない。仮面の人々がゼクスを呼ぶ際に使う「カイザン」や「カイザム」といった言葉はそれぞれ王子と王を意味する。また、ニーアもゼクスのことを「王子」や「王」と呼んでいる。


作中での行動

※ネタバレを含みます。

少年期

先代の王が黒文病で亡くなる。一刻も早く民を安心させるため、ゼクスは王家の仮面を求めて1人砂の神殿へと向かう。駆けつけたニーアたちの助けもあり、無事仮面を入手したゼクスは晴れて王となる。

助けに来てくれたニーアとカイネには深く感謝しており、特にニーアとは固い友情を結ぶこととなる。


青年期

フィーアと結婚する。結婚式にはニーアたちも招待された。だが結婚式の最中に狼が襲来し、フィーアが死亡してしまう。憤慨して復讐に向かうゼクスにニーアや仮面の人々も加勢し、皆で狼の群れを討ち取る。その後のゼクスはフィーアの墓の前で涙を流している。

青年期終盤、魔王の城で猪のマモノに苦戦するニーアたちの元へゼクスたちが増援にやって来る。半ば強引にニーアを先へと送り出し、マモノと対峙したゼクスは、激しい死闘の末に相討ちとなって最期を迎えた。


設定資料集『Grimoire NieR』

ゲームでは語られないショートストーリーがいくつも載っている。その中にゼクスも登場する。


「小公女 ver.1.00」

親に捨てられ仮面の街にやって来たフィーアとゼクスが初めて出会う。最初こそ遊びでフィーアに絡んでいたゼクスだが、彼女の生きる姿に惹かれたことで最終的には友達となる。


ドラマCD『ウシナワレタコトバトアカイソラ』

Disc2

「私立レプリカント高等学校 体育祭編」

ゼクスはニーア(弟)たちと同じクラスの留学生として登場する。

あだ名は「王様」。実は本当に異国の王様で妻のフィーアもいるが、クラスメイトたちはその事を信じていない(というか深く考えていない)。本編と変わらず異国の言語で話すため、ニーアやエミールを除いて言葉が通じない。にもかかわらずやたらと喋っており、ブックレットの解説文もゼクスのセリフ翻訳が大半を占めている。

作中でゼクスはカイネたちに食事を振る舞うなど器の大きさを見せており、全体的にカオスな本作の数少ない良心枠といえる。


NieR:Automata

続編である『NieR:Automata』では登場しないものの、クエストやDLCなどで仮面の街について触れられた際に王の話題も上がっている。


アニメ版『NieR:Automata Ver1.1a』の「Chapter.3 break ti[M]e」では、9Sが砂漠の機械生命体にハッキングを仕掛けた際に『レプリカント』本編の結婚式の映像が流れ、一瞬だけゼクスとフィーアが登場した。

「Chapter.13 reckless bra[V]ery」では砂の神殿にやって来た9Sが貨幣のようなものを拾うシーンがあるが、それがゼクスの服の装飾と酷似している。


SINoALICE


2020年6月19日より開催された『ニーアレプリカント』復刻リニューアルコラボにおいて、仮面の王&フィーアが初登場した。


ジョブ

仮面の王&フィーア/パラディン

『新生 追憶ノ栞ガチャ』で入手。武器は「侘寂」。

ジョブストーリーには、結婚前夜のフィーアの心情が綴られている。また、SS「小公女」の内容を少し含んでいる。


ウェポンストーリー

侘寂

『レプリカント』本編でニーアが作った「掟0:気に入らない掟は、住民投票で変える事が出来る」に従い、ゼクスの副官が投票の儀を行っている。ゼクスとフィーアもしれっと投票に参加している。審議の結果「掟451:昼間から飲酒をしてはならない」が廃止された。


余談

ニーアレプリカント』は元々仮面の王が主人公という設定だったが、彼を主人公格にしてしまうと色々と問題が起こるために変更された。


仮面の街の人々は日本人の成れの果てである。


仮面の街の造語は、ひらがなを自動で謎の言葉に変換する独自のツールで作られている。日本語っぽく聞こえるのはプログラムのバグが原因だが、良い味になっていたのでそのまま使用された。


→出典:GAME Watch/4gamer.net


続編の『NieR Re[in]carnation』にゼクスは登場しないが、ニーアのコスチューム「異心円の青年」が狼モチーフとなっておりゼクスを連想させる。


関連イラスト


関連タグ

シリーズ

NieR

ニーアレプリカント/ニーアゲシュタルト

NieR:Automata

NieR_Reincarnation


キャラクター

ニーア(NieR)/父ーア カイネ(NieR) エミール/実験兵器7号

白の書 ヨナ(NieR) デボル&ポポル/デボル/ポポル

テュラン/由良正義 フィーア(NieR) ハルア(NieR)

ルイーゼ(ニーア) 黒の書 魔王(NieR)


カップリング

ゼクフィ王フィア


表記揺れ

ゼクス


外部リンク

CV:榎木淳弥(青年期)/綾里まる(少年期)


概要

砂漠にある「仮面の街」の若き王様。

奔放な性格で側近を困らせることもあるが、国と民を誰よりも想っており、王としての尊敬を集めている。


プロフィール

性別男性
年齢前編10歳/後編15歳
身長前編130cm/後編175cm
武器
髪の色赤みがかった銀色
瞳の色水色がかった灰色

出典:設定資料集『Grimoire NieR』


人物

民のことを何よりも優先して考える心優しい性格。10万以上にも及ぶ「掟」を遵守する街で生まれ育ち、それゆえに掟に縛られることを嫌う。「掟は自由を知るためにある」という考えを持つ。


少年期で初登場した際はまだ王子であり、砂の神殿で王家の仮面を手に入れてからは王として認められる。ちなみに第93代目の王子らしい。


仮面の街特有の言語で話すため、字幕を見なければ何と言っているのか理解しがたい。最初はニーア白の書も困惑していたが、ふたりは短い間で聞き取れるようになっている。


仮面の人々全員にいえることだが、掟に縛られる彼らは逆に掟に書かれていないことは一切気にしない。偏見を持たずに接してくるため、他の村では差別を受けるカイネエミールも仮面の街では快く受け入れられている。


本名はゼクス。ドイツ語で「6」を意味する。

しかし、作中で本名を呼ばれることは一度もない。仮面の人々がゼクスを呼ぶ際に使う「カイザン」や「カイザム」といった言葉はそれぞれ王子と王を意味する。また、ニーアもゼクスのことを「王子」や「王」と呼んでいる。


作中での行動

※ネタバレを含みます。

少年期

先代の王が黒文病で亡くなる。一刻も早く民を安心させるため、ゼクスは王家の仮面を求めて1人砂の神殿へと向かう。駆けつけたニーアたちの助けもあり、無事仮面を入手したゼクスは晴れて王となる。

助けに来てくれたニーアとカイネには深く感謝しており、特にニーアとは固い友情を結ぶこととなる。


青年期

フィーアと結婚する。結婚式にはニーアたちも招待された。だが結婚式の最中に狼が襲来し、フィーアが死亡してしまう。憤慨して復讐に向かうゼクスにニーアや仮面の人々も加勢し、皆で狼の群れを討ち取る。その後のゼクスはフィーアの墓の前で涙を流している。

青年期終盤、魔王の城で猪のマモノに苦戦するニーアたちの元へゼクスたちが増援にやって来る。半ば強引にニーアを先へと送り出し、マモノと対峙したゼクスは、激しい死闘の末に相討ちとなって最期を迎えた。


設定資料集『Grimoire NieR』

ゲームでは語られないショートストーリーがいくつも載っている。その中にゼクスも登場する。


「小公女 ver.1.00」

親に捨てられ仮面の街にやって来たフィーアとゼクスが初めて出会う。最初こそ遊びでフィーアに絡んでいたゼクスだが、彼女の生きる姿に惹かれたことで最終的には友達となる。


ドラマCD『ウシナワレタコトバトアカイソラ』

Disc2

「私立レプリカント高等学校 体育祭編」

ゼクスはニーア(弟)たちと同じクラスの留学生として登場する。

あだ名は「王様」。実は本当に異国の王様で妻のフィーアもいるが、クラスメイトたちはその事を信じていない(というか深く考えていない)。本編と変わらず異国の言語で話すため、ニーアやエミールを除いて言葉が通じない。にもかかわらずやたらと喋っており、ブックレットの解説文もゼクスのセリフ翻訳が大半を占めている。

作中でゼクスはカイネたちに食事を振る舞うなど器の大きさを見せており、全体的にカオスな本作の数少ない良心枠といえる。


NieR:Automata

続編である『NieR:Automata』では登場しないものの、クエストやDLCなどで仮面の街について触れられた際に王の話題も上がっている。


アニメ版『NieR:Automata Ver1.1a』の「Chapter.3 break ti[M]e」では、9Sが砂漠の機械生命体にハッキングを仕掛けた際に『レプリカント』本編の結婚式の映像が流れ、一瞬だけゼクスとフィーアが登場した。

「Chapter.13 reckless bra[V]ery」では砂の神殿にやって来た9Sが貨幣のようなものを拾うシーンがあるが、それがゼクスの服の装飾と酷似している。


SINoALICE


2020年6月19日より開催された『ニーアレプリカント』復刻リニューアルコラボにおいて、仮面の王&フィーアが初登場した。


ジョブ

仮面の王&フィーア/パラディン

『新生 追憶ノ栞ガチャ』で入手。武器は「侘寂」。

ジョブストーリーには、結婚前夜のフィーアの心情が綴られている。また、SS「小公女」の内容を少し含んでいる。


ウェポンストーリー

侘寂

『レプリカント』本編でニーアが作った「掟0:気に入らない掟は、住民投票で変える事が出来る」に従い、ゼクスの副官が投票の儀を行っている。ゼクスとフィーアもしれっと投票に参加している。審議の結果「掟451:昼間から飲酒をしてはならない」が廃止された。


余談

ニーアレプリカント』は元々仮面の王が主人公という設定だったが、彼を主人公格にしてしまうと色々と問題が起こるために変更された。


仮面の街の人々は日本人の成れの果てである。


仮面の街の造語は、ひらがなを自動で謎の言葉に変換する独自のツールで作られている。日本語っぽく聞こえるのはプログラムのバグが原因だが、良い味になっていたのでそのまま使用された。


→出典:GAME Watch/4gamer.net


続編の『NieR Re[in]carnation』にゼクスは登場しないが、ニーアのコスチューム「異心円の青年」が狼モチーフとなっておりゼクスを連想させる。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 世子と師友~세자와 사우(セジャワ サウ)~

    世子と師友~세자와 사우 (セジャワ サウ)~

    韓流フュージョン史劇「君主ー仮面の主人」一応リアタイ視聴はしているものの…如何せん言葉がわからないので…ストーリーをほとんど理解しておりませぬが…(^0^; 無謀にも、妄想で前日譚を勝手に捏造~お許しを~~っ(´▽`;)ノ 仮面の世子(セジャ)イ・ソン(五歳)と、護衛武士にして、剣の師匠であり、幼馴染みの友である師友(サウ)イ・チョンウン(七歳)ふたりの出逢い編でございます(^∇^)❤
  • ニーアレプリカント小話  (ネタバレ、捏造注意)

    つい最近初めてニーア・レプリカントをプレイ、全エンディングを回収しました。ほぼ全部のエンディングで涙腺をぶっ壊しました。資料を読むのが楽しみやら、怖いやら。 そんな新参者が書いた小話二話です。ニーアたちメインキャラはほぼ出ませんのでご了承ください。
  • 世子と師友~세자와 사우(セジャワ サウ)~

    성함 (ソンアム)

    「성함(ソンアム)~お名前~」 『이름(イルム)~名前~』の尊敬語が『성함(ソンアム)~お名前~』になります。 第19話の宮女となったハン・ガウンから「切れた縁は取り戻せない」と言われた辺りを前提にして、妄想しております。 世子(セジャ)様のお名前を呼んであげたい、イ・ソン…ソナ…と呼びたいけれど…畏れ多くて、とても呼べない…という奥ゆかしく、ストイックな師友(サウ)イ・チョンウンなのでした~っ( *´艸`)

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. 初恋の人との晴れの日に令嬢は裏切りを知る 幸せになりたいので公爵様の求婚に騙されません

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー