ピクシブ百科事典

供麒

きょうき

供麒とは『十二国記』に登場するキャラクターである。

小野不由美氏・著の小説十二国記』の登場人物。
アニメの声優は大川透

概要

恭州国麒麟。お人よしそうな顔をした朴訥な印象。
銅色の金髪、がっしりとした体格ではあるが、麒麟らしく軽々とした身のこなしをする。
王を捜すのに苦労しており、珠晶に出会ったのも彼の寿命が尽きる直前であった。
それでもようやく会うことができた珠晶に「だったら、あたしが生まれたときに、どうして来ないの、大馬鹿者っ!」と理不尽なことを言われている。

芳極国から追放された公女・祥瓊をあえて下女に落とした供王・珠晶に「もう少し、情けをかけてもいいのでは」と意見したときには、「(祥瓊が)公女としての役割を果たさなかった」ことと自覚をもたせることを理由に却下されている。

また、行方不明になった戴極国の麒麟・泰麒の捜索に、、慶東国・雁州国・奏南国・才州国・範西国・漣極国の麒麟たちに協力している。

関連タグ

十二国記 麒麟 珠晶

pixivに投稿された作品 pixivで「供麒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137326

コメント