ピクシブ百科事典

十二国記の国々と黄海の一覧

じゅうにこくきのくにぐにとこうかいのいちらん

小野不由美氏・著の小説『十二国記』に登場する十二の国々、及び世界の中央にある黄海の一覧。
目次[非表示]

天帝がかつて存在した世界を一度滅ぼして作り直した世界とされ、天帝が定めた法『天綱』が教条的に働く世界である。十二国記の世界は中国の周時代をモデルにした世界であり、山海経に登場するような神仙妖魔の存在する世界となっている。

十二国

内海がある花のような形をした大陸と、その四隅に三角形の大陸が存在する。原則として北に行くほど寒冷で、南に行くほど温暖である。

全体図

十二国記


部分

十二国記 慶国
十二国記 巧国




四大国

大陸の東西南北に位置する国(※北東から時計回)


四州国

四大国の間に存在する国(※北東から時計回)


四極国

虚海に浮かぶ島国。(※北東から時計回)


四大国と四州国は高岫山と総称される山脈によって仕切られており(高岫)、陸路で国境を越えるには高岫山に1つから3つある鳥羽口(関所)を通過しなければならない。

黄海

大陸の内海、つまり世界の中央に位置し、妖魔・妖獣が跳梁跋扈している人外の土地。
「海」という呼称であっても実際には海ではない。
→詳しくは黄海(十二国記)

関連イラスト



関連タグ

十二国記

コメント