ピクシブ百科事典

冬樹イヴ

ふゆきいぶ

私立グリモワール魔法学園に登場するヒロインの一人。
目次[非表示]

CV:大久保瑠美
「私はエリートでなければいけません。止まっている暇はないんです」

プロフィール

クラスローズ
年齢14
誕生日12月24日
血液型B型
身長155cm
体重39kg
スリーサイズB:74W53:H:77
所属なし→風紀委員
好きな食べ物ミルクティー
嫌いな食べ物グリンピース
趣味読書
特技速読
在学年数2年


概要

私立グリモワール魔法学園に登場するヒロイン。
人とのコミュニケーションを拒否し、学業に没頭する少女。
誰よりも秀でることを絶対唯一の目的とし、不要なものは全て切り捨てている。
そのせいか学園では孤立気味だが、特に本人は気にしていない。
魔法の実力も高いが、ワンマンな戦い方には賛否両論。

人物像

ヒロインの一人、冬樹ノエルの実姉。双子ではあるが日付が変わる前後に生まれたらしく、
ノエルに対して誕生日が1日早くなっている。名前の由来はクリスマス・イヴ。
概要のように人付き合いも望んでするタイプではなく、むしろ拒絶するような冷めたタイプ。
その他のヒロインはもちろんの事、主人公、果ては妹のノエルすら拒絶の対象となっているなど、
ヒロインたちの中ではかなりとっつきにくいキャラであることは間違いない。
エリートになることを目標にし、それ以外にはまるで関心を示さない。風紀委員に参加することになるが、
こちらも得点稼ぎの一環に過ぎず、「学園をよくしたい」などというような思想は一切ない。
クールな性格だが一方で感情的になりやすい傾向もみられるなど、年相応さを垣間見せることもある。
得意な魔法は氷の魔法。運動はあまり得意ではない。
グラフィック的な見分け方ではノエルに比べて髪や目の色の濃さが薄くなっている。

本編上の活躍

よく絡むのは自身が所属する風紀委員の面々だが、図書室に入り浸っているため、霧塚萌木たちとも交友がある。ノエルとは子供の頃はベッタリであったようだが、学園に入学して以後は殆どない。
当初は無所属であったが、風紀委員長水無月風子直々のスカウトにより、参加を承諾。
ただし、この時点では籍を置くだけのほぼ幽霊部員であった(籍を置くだけでいい、という風子からの申し出もあったため特に問題にはなっていない)。
しかし、並行世界である「裏世界」のことが明らかになるにつれ風紀委員としての活動を行い始め、
主に魔法学園を狙うテロリストへの対策をまとめる任に就いている。
その一環で主人公とは第18話「エリートへの道」においてテロリスト痕跡調査のため組むことになる。
他のヒロインたちは主人公に対し「守ってやるから安心しろ」といった言葉をかけるのに対し、
彼女からは「足を引っ張るな、巻き込まれたくなかったら逃げろ」ときつい言葉をかけられる。
一方で道中にて負傷した主人公を膝枕で介抱する等、ツンデレぶりをアピールしている(?)。
ノエルが戦いに出ることを嫌っており、裏世界の調査隊にノエルの名前が無いか探そうとしていることが伺えるがその本音はまだ明らかにされていない。

裏世界ではどうなっているのか不明なキャラも多い中、ノエル共々詳細が比較的明確になっているキャラで、イベント「風飛の丘に花は散り」で裏世界のノエルとコミュニケーションをとることで確認をすることができる。

元々運動は苦手だが勉強が得意なイヴ、勉強は苦手だが運動が得意なノエルであったが、両親は
エリートを望んでいたため勉強の得意なイヴを贔屓するようになる(ノエルが虐待されていたという訳ではない)。
しかし、何故イヴが贔屓されるのが分からなかった姉妹は両親ですら見分けが中々つかないことを利用し、定期的に入れ替わることで親の愛を分け合っていた。
しかし、この入れ替わりが仇となり魔法使いに覚醒した際は入れ替わった状態であった。
親の折檻を恐れて今更「度々入れ替わってました」などと言い出せず、二人は入れ替わったまま固定されてしまう。
魔法使いは魔物と戦う運命であることから、ノエルは逆にこれを好機と見てイヴが「ノエル」になって自分が「イヴ」として2人分闘えば姉を守れると考え、この状況を押し通そうとした。
当然、その考えを許容できないイヴと姉妹初の大喧嘩をしてしまい、仲直りの方法も知らなかった2人の歯車は完全に狂ってしまい、入れ替わりも是正される事は無かった。
つまり、先述のイベントでコミュニケーションをとれる「ノエル」は本当はイヴである。
そして、悪化していく戦況もありノエルの目論見は成功することなく、結局二人とも戦場に駆り出されている。

第八次侵攻からの防衛に赴く前に、裏の「ノエル」は主人公へ、2人は入れ替わっていない、まだやり直せるはずだと表の自分達へ伝言を依頼している。
その後、第八次侵攻において2人とも戦死。和解にも至らなかったようである。
(カードイラストから推測する限りでは魔物との交戦において「イヴ」が「ノエル」を庇ったことで致命傷を負ってしまう。「イヴ」を見捨てられず「ノエル」も「イヴ」を敵の攻撃から庇って両者死亡したと思われる)
キャラソン「スノードーム」は二人が今際の最中に見た幻覚、走馬灯の類を歌にしたとされ、
特に最後のサビには2人の命が燃え尽きる様子が歌われている。

関連動画




関連タグ

グリモア 冬樹ノエル水無月風子神凪怜氷川紗妃 服部梓
シスコンツンデレ クーデレ

pixivに投稿された作品 pixivで「冬樹イヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46069

コメント