ピクシブ百科事典

刻命裕也

きざみゆうや

『コープスパーティー』の登場人物。BC版からの追加キャラクター。
目次[非表示]

CV:竜門(BC版)/杉田智和(BR版、ドラマCD版)

概要

17歳。白檀高等学校2年4組。BC版から登場。
主人公である持田哲志たちとは違う学校に所属している。
クラスメイトとともに「幸せのサチコさん」のおまじないを実行し、天神小学校に飛ばされた。

登場はチャプター3からと遅いが、美形サイコパスキャラとして人気があり、
人気投票では男性キャラクターでは二番目に高い4位を獲得している。

人物像

普段は非常に穏やかな物腰をしており、男女隔てなく友人が多く、親しみやすいその性格からいつもその中心に加えられる人物。本編中においてもそのほとばしるカリスマは健在。
だが他人に対して一定の距離を置いており、その本心を話すことはない。そのせいか表面的な付き合いの人間は多いが、親友と呼べるほど深い関係の人間は希少である。
幼少時代、優秀な姉と兄から厳しい指導を受けていた。そのせいか強いコンプレックスを抱いている。
天神小学校内ではその異常な環境下においても平然としており、あまり恐れずに探索している。
しかし、本編中にその歪んだ気性が学校内に漂う狂気にあてられて次第に表面化していく。

ゲーム内での立ち位置

チャプター3、4で一時的に操作キャラクターとして扱うことができる。
初出はチャプター3、持田由香のシナリオ。哲志とはぐれてしまった由香を守りながら、その冷静な性格を活かして校内を探索することとなる。
その柔和さは今まで恐怖に浸り続けたプレイヤーの心を癒すもので、つかの間の休息ですらある。
刻命がパーティーに加わる直前のイベントや本編内での行動から、一部からロリコンだとか残念なイケメンだとか言われる。

『コープスパーティー Book of Shadows』では、彼の胸中を少し垣間見る事が出来る。

主な言動、行動(ネタ)

アァイ!

刻命の良心。深くツッコんではいけない。

由香を追って三千里

平たく言うと、由香と追いかけっこをするイベントがある。実際はそんな生易しいものではないが。
とあるイベントの後、今まで穏やかで優しい刻命が豹変。突如として由香を自分の妹宣言し、操作キャラクターである由香を追いかけてくる。
その様子は色んな意味でプレイヤーのド肝を抜いてくれた。

人体模型の謎

チャプター5では岸沼良樹の操作下、理科室で「人体模型イベント」なるものが発生する。
一見刻命とは何も関係がないように思えるが、ファンの間ではとある疑問が囁かれている。

まず、理科室の前に刻命の名札が落ちている。そして、人体模型の声が刻命に似ているというのだ。
公式では何の声明もなく、かつ確たる証拠もないため、ファンの間では議論の対象となっている。
しかもコミック7巻では理科室で哲志達が刻命・由香に合流した際、突如としてヨシカズが現れ刻命が鈍器によって殺されてしまった。
その直後、哲志達は由香を連れて逃げるように理科室を後にしたのだが、その後視点が哲志達から理科室に移った。
その時、なぜか刻命の遺体は無く、残っていたのは名札だけだった。
そして意味ありげに、血の付いた刻命の名札と一緒に理科室にある人体模型が映し出されていた。

これも原作・コミックを購入して、ぜひご自身の目で確認して欲しい。

番外編

ドラマCD第二弾や『サチコの恋愛遊戯』などでなぜか良樹とホモォな展開を迎えることが多い。
後者の脚本を書いたマフィア梶田中の人の関係を知っているため確信犯であると思われる。

また『サチコの恋愛遊戯』はかなりロリコnもとい妹萌え描写がヤバいことになっている。

pixivでの刻命裕也

刻命単体、由香とのツーショット、そして親友の黒崎健介との絡みが多い。
ツーショットでは穏やかなものもあるが、単体では大抵血の表現がある。
これらが苦手な人は、閲覧する場合は注意されたし。

関連イラスト

「良かったら、一緒においで」
お前のお兄ちゃんは僕だろう?



関連タグ

コープスパーティー 持田由香 黒崎健介 霧崎凍孤 刻由

pixivに投稿された作品 pixivで「刻命裕也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 609213

コメント