ピクシブ百科事典

加賀山楓

かがやまかえで

『のんのんびより』の登場人物。駄菓子屋。
目次[非表示]

アニメでの声優は佐藤利奈

人物像

加賀山楓とは、漫画『のんのんびより』に登場する、駄菓子屋を営んでいる女性。20歳。
ツリ目で背が高く、いつもラフな格好をしていて男言葉でしゃべるなどややボーイッシュなところがあり、男勝りな性格。
一方で一条蛍越谷夏海との比較からするにお胸はあんまり大きくない様子。
旭丘分校の卒業生で、宮内一穂は先輩にあたる。
駄菓子屋だけでは食えないので、なんでもレンタル業や通販の代理店業もやっている。
個人主義的に見えるが本当は面倒見が良い姉御肌で、子どもたちの人気者である。ただし、かなり商魂たくましい。

れんげと駄菓子屋


仕事で忙しい宮内家夫婦や東京の大学に通うために家を出ていた一穂の代わりに幼いれんげの世話をしていたので、れんげに対してだけは甘い面も見せる。
れんげも実の姉以上に楓に懐いていて、アニメ放送では1話を費やして仲の良さが描かれることもある。

その外見や着ているものの趣味、ボーイッシュな言動から、れんげからは不良と呼ばれたり、蛍に苦手意識を持たれたりしてしまっている。
喧嘩が強そうに見え、夏海に対しては実際に手が出るが、単純な筋力では夏海や蛍に負けている模様。ただし実際の格闘では関節技をキメて勝つ。

駄菓子屋

駄菓子屋は加賀山家の家業であり、店の名前は『かがや』。
この為、自分と同時期に旭ヶ丘分校に通っていた相手からは「駄菓子屋」呼ばわりされている。
実際には抵抗があるらしく、宮内れんげ越谷夏海からうつった時は「私には加賀山楓と言う名前がある」「あいつ(夏海)のマネをしているとアホになる」と言っていたが、その後は完全に諦めた模様。
一条蛍も「駄菓子屋さん」と呼ぶ、と言うか恐らく蛍は楓の名前を知らない。ちなみに、原作でもアニメでも楓と最初に言葉を交わすのは蛍である。
年少者では唯一富士宮このみは「楓ちゃん」と呼ぶ。その他年長者には「楓」と呼ばれている模様。

楓が店の経営に入る前は、楓の祖母が店の経営をしていたらしい(楓の両親については不明)。


関連タグ

のんのんびより 宮内一穂 宮内れんげ 越谷夏海 越谷小鞠 一条蛍

関連記事

親記事

のんのんびより のんのんびより

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「加賀山楓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 534081

コメント