ピクシブ百科事典

宮内ひかげ

みやうちひかげ

『のんのんびより』及び『こあくまメレンゲ』の登場人物。高1。
目次[非表示]

宮内ひかげとは、あっとの漫画『こあくまメレンゲ』・『のんのんびより』の登場人物。
宮内三姉妹の次女で、宮内一穂の妹で宮内れんげの姉。高校1年生。
アニメでの声優は福圓美里

人物像

『こあくまメレンゲ』

ヒロイン久遠春風の友人として登場。春風からは「ひかちゃん」と呼ばれている。
春風の同級生であり、同時にワンルームのマンションでルームシェアをしている。
なお、『こあくま』では苗字は設定されていない
性格はマイペースでドライ。いつも目は半開きで、基本的に無表情。髪は黒髪のサイドテールでセミロングルーチェが現れた時も淡々と目の前の事実に反応する。また、家事は春風に任せっきりで、その横で平然と漫画を読んだりゲームをしたりしている。
普段は基本的にルーチェをおちょくって遊んでいる。
ルーチェが魔王城を追放されて自宅に押し掛けてきたときは、快諾する春風に対して「(ルーチェがあまりに世間知らずな為)面倒くさいことになるからいやだ」と主張している。
いたずら程度の小悪事しか思いつかないルーチェに対して悪辣な発想をうち明け戦慄させることもしばしば。
ただしルーチェの人形遊びのこだわりに対しては押し負けている。ちなみにこのエピソードはアニメ『のんのんびより りぴーと』に流用されており、その際は原作のルーチェがれんげに変更されている。つまり本気で駄々をこねる子供には弱い
ガールズトークには毛ほども興味がなく、春風とルーチェが髪留めの話に花を咲かせていてもまったく参加せずに親父ギャグを考えるほどだが、話を聞き流しているわけではない。
ピコにはルーチェいじりで意気投合したこともあって「人間にしては見所がある」と気に入られており、うっかり魔王軍に加わえられそうになったことも。
数学が得意という設定で、10進数16進数の置き換え問題をものの数秒で答えてしまう。
一方でたまに情熱的な正論を説くことがあるが、その時は恥ずかしさのあまり顔を隠してしまう。
また、エピローグはほぼひかげとピコの会話で終わる。

作品中では標準語を話しているが、番外編(『のんのん』コミックス2巻に収録)の天使ルーチェ暴挙を前にして思わず訛りが出ている。

『のんのんびより』

メインキャラの宮内れんげ宮内一穂の身内で、東京の学校に通っているため普段は実家にいない姉妹という設定。そのため長期休暇時などに帰省という形で登場する。
公式ガイドブックによると苗字がなく半開きの目つきがれんげと似ていたのでこの設定として出した、という。このため原作では初登場回は番外編となっていたが、後に準レギュラーキャラクター化した。
ただし、所謂スターシステムではなく同一人物。新装版『こあくま』のあとがきで作者自身に明言されているほか、『のんのん』でも春風と生活している場面がちょいちょい出てくる。
これに合わせて2014年に発行された『こあくま』の新装版コミックスでは宮内ひかげと紹介されるようになったが、後付設定である(この時点で『のんのん』はコミックス8巻まで進行)。

れんげや越谷小鞠夏海姉妹からは「ひか姉」と呼ばれている。
自身の姉妹であるれんげと一穂がそれぞれ別ベクトルでマイペースなうえ、他にもルーチェを軽くぶっちぎってアクの強い連中が揃っているため、『こあくま』とは逆に周囲に振り回されたり、とばっちりを食らったりすることが多い。周囲の奇行に対するツッコミでもある。
もっとも自業自得の面も強く、特に地元ではやたら都会風を吹かせるが、都内育ちの一条蛍の存在が原因でドツボにはまることが多い。小鞠には「根っからの田舎っ子」と言われている。
夏海と一緒になって悪さをすることも多いが、年長者なので夏海よりは“大人”。ただしれんげには舐められてしまっている。どころか、逆に説教されることもある。ただしそれは一穂も同じな上、ひかげ自身も一穂を舐めているフシがある。
ルーチェのいたずらをあれだけバカにしていたくせにれんげに対してしょーもない悪さをしようとすることもある。
『こあくま』ではピコすら大して恐れていなかったが富士宮このみには逆らえない。東京から電話で無理やり呼びつけられたり(新幹線を使っても6時間かかる)、お年玉をせびって回っていた時に嵌められて逆に小鞠・夏海姉妹にお年玉をあげる羽目になったりしている。曰く「怒らせてはいけない」。
また沖縄旅行の際には連れて行ってもらうためアクロバティック土下座を披露している。

80話では『こあくま』以来誰もが薄々思っていただろうが案の定宿題を真面目にやってないことが判明。
同じくサボり魔の夏海に同類扱いされるが、夏海ひか姉にはこういうときに頼もしい味方(最後の手段、若しくは丸写しとも言う)が居るんだからな?
(それにどれだけ溜まってようが理数系はスパコン並みの速度で終わる)

なお、『のんのん』初登場時は『こあくま』時代と同じ姿だったが、途中で散髪してからは後ろ髪の長さが短くなりセミショートになった。このエピソードの際は春風も登場している(セリフはなし)ほか、アニメでは『こあくま』時代と同じ制服を着て鉄道駅構内を歩いている。
前述の通りれんげと目つきが似ており、目を閉じれば一穂に似ている。上下の姉妹同士を比較してもあまり姉妹感が出ないが、ひかげを通してどことなく三人の血の繋がりが見えるともいえる。

関連タグ

のんのんびより 宮内一穂 宮内れんげ
こあくまメレンゲ 久遠春風 ルーチェ ピコ

pixivに投稿された作品 pixivで「宮内ひかげ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294518

コメント