ピクシブ百科事典

十六夜(夜麻みゆき)

いざよい

十六夜とは、夜麻みゆき作の漫画『幻想大陸』および『刻の大地』の作中人物。たぶん主人公。
目次[非表示]

概要

CV:伊藤美紀。(ドラマCD及びOVA)
黒髪で緑色の上着を着た、人間の男の子13歳。純真で世間知らず。

邪神竜に会うため、カイやジェンドと連れ立って旅をしている。
『幻想大陸』では十六夜になついている魔物のツァルも共にいた(『刻の大地』には登場せず)。もともと旅人ではなく迷子(『幻想大陸』によると家には姉がいる)らしいのだが、邪神竜ディアボロスのせいで魔物達が暴れるという話を聞き、「会って(仲良くしようと)説得する」ことを決心した(『刻の大地』第1話より)。

ちなみに、自身がそれまで暮らしていた町や地名のことなど何も知らないという、ダイナミックかつスケールのでっかい迷子である。旅に出るまで海を見たことがなかった。

心優しく人懐っこい性格で、誰にでも(魔物にも)物怖じせず話しかけ、仲良くしたがる。
幼稚で危なっかしいその言動に、周囲の者は戸惑い、時には苛立ち、しかし気がつくと心を許している。常人の思いもよらぬ視点から世界を見ているところが、カイ曰く「ザードに似ている」らしい。

関連イラスト

お菓子だいすき元気な子
十六夜



関連タグ

夜麻みゆき
幻想大陸 刻の大地

コメント