ピクシブ百科事典

合体巨艦ヤマト

がったいきょかんやまと

1976年に青島文化教材社から発売された艦橋ロボの元祖とも言えるオリジナル合体マシンのプラモデル。
目次[非表示]

鋼鉄の巨体に秘められた150の秘密兵器で暗黒星人を打ちやぶれ

概要

1976年9月に、「アトランジャー」・「タイガーシャーク」等に続いて発売されたアオシマのオリジナル合体プラモの第5弾で、

  • 艦首部分にあたるゼロセンマシン
  • 艦の砲塔部分のブロックにあたるタイガーマシン
  • 艦橋部分のブロックにあたるブリッジマシン
  • 艦尾部分にあたるターボマシン
の4機のマシンが合体することで、巨大な戦艦「合体巨艦ヤマト」と、艦橋部分に各マシンのパーツを組み合わせる事で「合体ロボット ムサシ」になる。

合体巨艦ヤマト


※デザインは、アトランジャー等のコミカライズを手掛けた今道英治

「合体ロボット ムサシ」は、勇者王ガオガイガーキングジェイダー等に先駆けた艦橋ロボで、ヤマト状態では基本的に両腕が無い艦橋状態なのだが、

合体巨艦ヤマト


ボックスアートによっては両腕がついた状態で描かれており、ゴーゴン大公の戦艦版みたいな状態になっている。

⊂合体巨艦これヤマト⊃3枚組



ムサッシ
とりあえず3がつから


プラモデルそのものは、カマボコ状にブロックわけされた各マシンを直列に合体させるというものだが、艦首担当のゼロセンマシンは、その名の通り球状艦首部分が横倒しになったゼロ戦2機がくっついていると言う特徴的なデザインをしている(羽根パーツを組み合わせると実際に2機のゼロ戦型マシンになる)。

なお、アトランジャーと世界観を共有している為か敵は暗黒星人である。


新・合体シリーズ

新ムサシ


2020年10月に、アトランジャー同様に、新・合体シリーズの第二弾として「合体ロボット ムサシ」が発表された。2021年5月の続報では第2弾にアトランジャーのカラバリがラインアップに入ったため、ナンバリングがずれて第3弾となった。2022年春発売を予定している。
フレームはアトランジャーと共通で、やはり美少女フィギュア「神宮司凪沙」のキットが同梱。パーツを分解させて凪沙と合体させるのみならず、戦艦形態にして凪沙を乗せたり、砲撃形態にして司令席に座らせたりといったギミックが予定されている。

神宮司凪沙

新・合体シリーズのムサシのパートナーとなる少女。スク水、艦長の帽子、キセルといった、海軍モチーフのコスチュームで身を固めている。

艦娘●合体巨艦ヤマト ラフ


凪沙との合体パターンを見て、このコラボを思い出す人も少なくないだろう。
実はアオシマは艦これのアイテムを多数リリースしている会社でもある。

関連タグ

関連記事

親記事

青島文化教材社 あおしまぶんかきょうざいしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「合体巨艦ヤマト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42589

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました