ピクシブ百科事典

四ツ目神

よつめがみ

SEECアプリ開発課がおくる、和風テイストの『謎解き×脱出ノベルゲーム』
目次[非表示]

概要


「いらない子”は、四ツ目神(よつめがみ)につれていかれちゃうよ」


『謎解き×脱出ノベルゲーム』とは?
物語に重点を置いた長編脱出ゲーム(探索アドベンチャーゲーム)です。

プレイヤーは物語の謎を解くため、様々な人物から話しを聞いたり、キーとなるアイテムを探したりします。

時として、思いもよらぬ発言やアイテムが事件を紐解く鍵になることも…。

最後は自らの思考を頼りに、事件の真相を解き明かしましょう。

SEECアプリ開発課のホームぺより引用
リンクテキスト


スマホのアプリで、和風テイストの謎解きノベル風脱出ゲーム。
綺麗なBGMに、秀麗な絵、本編は全て無料(9つの番外編は有料)ででき、ストーリーもキャラクターも丁寧に作り込まれている。
EDは計12もあり、物語のどこかにあるギャラリーや、物語を進めることで手に入るアーカイブなど、やり込み要素も豊富。
ただし、物語を進めるには体力が必要。体力は、5分ごとに1回復する。または、動画の広告を見てお煎餅を得るか、お団子を買うかで回復することができる。

神社から帰ることを目指し、四ツ目神の謎や相良家の謎、隠された過去の真実を見つけましょう。




あらすじ


主人公の佐原真依は、15年間一度も訪れたことのなかった父の実家へ来た。
旅の疲れもあって、真依は案内された部屋で眠ってしまう。気がつく頃には外は夕暮れに染まっていた。その時、どこからか声が聞こえてきた。「ヤットキテクレタ」と。それは、とても、……とても苦しくて悲しそうな声。
真依が廊下に出るとーー、そこにはお面をつけた子供が二人いた。
「お母さんを助けて!」
その二人に連れられ、真依は四ツ目神社へと導かれる。

登場人物


佐原真依
中学三年生。東京のアパートで父親と二人暮らし。神社から出られなくなってしまった。
優しく我慢強い子。

イミゴ
四ツ目神社で出会った少年。真依を神社から帰すのを手助けしてくれている。だが思ったことを言うため口が悪い。
目元を、四つ目の描かれた布で覆っている。

タガタ
柔和な笑みを浮かべた青年。20代に見える。

クロとシロ
突然真依のもとに現れた子供。悪戯好き。

佐原誠
相良修二
???
???


※ちなみに、「四つ目神」ではなく、「四ツ目神」なので、タグ付けには注意されたし

pixivに投稿された作品 pixivで「四ツ目神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234174

コメント