ピクシブ百科事典

坂木龍也

さかきりゅうや

『あおざくら 防衛大学校物語』の登場人物。
目次[非表示]

概要

前期では近藤らが生活する115号室の部屋長。別名「鬼の坂木」。高知県高知市出身。私立土佐筆山高校卒業。1月3日生まれ、身長165cm、体重55kg、血液型はA型。喫煙家。校友会は特技である剣道部に所属。中期では113小隊の小隊学生長。

一見クールな一匹狼のように見えるが、本性は別名の通り、鬼の様に厳しく、下級生に腕立て伏せ、空気イスなどの過酷な特訓を強いる。また、下級生に理不尽な事態を与えることも多い。いずれも有事の際に多発する理不尽に対応する際の反応速度を高めるため、あえて理不尽に接しているためである。近藤沖田の反省文を手伝った際は「沖田の理不尽に立ち向かうチャンスを奪った」として、近藤に対しさらにキツイ理不尽をさせた。但し暴力や鉄拳制裁はほとんど使用せず、あくまで口調と威圧で下級生たちを圧倒している。

しかし評価するべきところはきちんと評価する。例として自身が担当する部屋で起きた諸問題を近藤が解決してきた際は、それを褒め称えている。また、仲間や後輩を大切にするという義理もちゃんと持っており(後輩を連れてキャンプに行くなど)、志望動機も「部活や学校を通じて得られた大切な仲間達のことを守れる存在になりたい」としている。また、原田が脱柵未遂を起こした際には中指への報告によって退校に至るのを防ぐ為、報告前に近藤と共に15分以内に原田を探し出したりもしている。

中期では近藤と土方が同室となっているが、これは仲間を大切にする近藤と、組織を重宝する土方を同室にすることでお互いの足りない部分を補い、2人をより立派な学生にする坂木の狙いによるものである。

なお、近藤については、自身の方針に反発したことで「どんな状況でも本音を言える」と目を付けており、近藤が小付になってからも2人が対面する場面がしばしばある。また、近藤が航空要員に志願したのは、坂木が自身にとっての目標だと考えたためである。それを知った坂木は近藤の前ではスルーする素振りを見せたものの、内心では喜んでいる節が見られた

近藤と同室の沖田については父親が海上自衛隊の海将補という立場なのにダメっ子という事もあり、近藤と同様重点的に厳しく接している。このためか校友会は自身の剣道部に強制入部させている。そのせいか近藤より沖田との付き合いが長くなり、沖田はコント大会で坂木の見事に再現された物真似を披露し、優勝している。

1学年の岡上乙女は妹であるが、両親(父親は自衛官)が離婚しているため違う苗字となっている。また、このことは4学年と近藤以外には秘密にしている(近藤は偶然知ったため、坂木に4学年以外に漏らさないよう口止めされている)。また、シスコンを匂わせる場面も度々見られる。

名言(一部)

  • 「たっぷり歓迎してやるさ。今年は何人・・・生き残るだろうな・・・」
  • 「お客様扱いは終わりだ。人様の税金を使う国家公務員としての自覚を持て!」
  • 「空気のイスがあるだろ!!さっさと座りやがれ!!話が聞きたいんだったら、それなりの姿勢を見せろォ!!」
  • 「全員が出来なきゃなんの意味もねぇんだよ!連帯責任の意味を履き違えるな!」
  • 「じゃあテメェはテメェで、ずっと考え続けるんだな。オレは論議が嫌いだ。あとはテメェの納得のいくまで考えろ!」
  • 「さぁいいかテメェら、オレがオマエらの部屋長の間は、他の上級生につけこまれないよう厳しく仕込んでやるかなら!オマエらの防大ライフを最高の地獄にしてやる!!」
  • 「何かあった時支えてやれんのは、同期のオマエらなんだからな。」
  • 「防大生らしく魂燃やしで挑める、校友会を選べ!!」
  • 「よかったよ。オマエが脱柵したんじゃないってことがわかって。」
  • 「いい加減自分達が、国民を守る自衛官である自覚を持て!!」
  • 「本当にそんなんで自衛官が務まると思ってんのか!もっと過酷な状況や困難があった時にへこたれてるヒマなんてないんだぞ!!」
  • 「これが最後だ!!全力を出し尽くしていけ!!絶対乗り越えて戻って来い!!」
  • 「自分が守りたいもののため、何をすべきか改めて考えろ!!」
  • 「オレの手を離れても努力してきたことに胸張って、中期の部屋長達を驚かせてやれ!」


関連タグ

あおざくら

pixivに投稿された作品 pixivで「坂木龍也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント