ピクシブ百科事典

大神砕グレイトフル・ライフ

だいしんさいぐれいとふるらいふ

「大神砕グレイトフル・ライフ」とはTCGデュエル・マスターズのカードの一種

カード効果

大神砕グレイトフル・ライフ SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ガイア・コマンド 11000
進化―自分の「コマンド」と種族にあるクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト7以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、カードを好きな枚数、自分の墓地からマナゾーンに置いてもよい。
W・ブレイカー

概要

DM-39の自然のスーパーレアカードで、同弾の「グレイトフル・デッド」と対になる存在。
イラスト構図もグレイトフル・デッドと対をなすようになっていて、絵師も同じである。

「登場時にコスト7以下のサイキック・クリーチャーを場に出す」という攻撃的な効果を持つ。
覚醒前のクリーチャーは多くがコスト7以下であるため、対象にとれる範囲は非常に広い。
優秀且つ幅広い進化元と相まってこれだけで充分強いカードなのだが、問題はもう一つの効果。
「場を離れた時に墓地のカードを好きなだけマナゾーンに置く」という効果で、早い話が「(このカードを含む)墓地のカードで好きなだけマナブ―ストができる」というもの。
待機状態のカードの効果処理の順番は任意なので、
悪魔神ドルバロムを出してこのカードを破壊し、効果待機
     ↓
「ドルバロム」の効果で闇以外のマナを全て墓地へ
     ↓
このカードの効果で墓地のカードを好きなだけマナへ

という流れも可能。ちなみにこの場合、ドルバロムでコスト踏み倒しを行っておらず、なおかつマナの自然色が多ければ最悪10マナ近くもの再利用が可能

「デッキ研究室」ではこの一連の流れをほとんど悪用した「メガ盛りグレイトフル」というコンボを紹介している。
http://www.stannet.ne.jp/fb/dm/200/dm213.html
詳細は上のページを見てもらうのが早いが、端的にいうと「1ターンに何十というマナを使い倒し、最終的に「悪魔神ドルバロム」「聖霊王アルファディオス」「悪魔神王バルカディアス」を出し尽くそう」というおぞましいコンボである。
複雑なコンボのため動きが難しいが、実戦動画では途中経過の段階で何度も「悪い子」と呼ばれている。

なお、「大地の紋章」がプレミアム殿堂入りしたため、現在このコンボは事実上不可能。
一応、「獰猛なる大地」をうまく使えばできないこともないが、コンボパーツの多くが殿堂入りしているためなかなか難しいか。

関連記事

親記事

ガイア・コマンド がいあこまんど

pixivに投稿された作品 pixivで「大神砕グレイトフル・ライフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5017

コメント