ピクシブ百科事典

殿堂入り(デュエル・マスターズ)

でんどういり

TCGデュエル・マスターズによる、他カードゲームにおける制限カードに当たる処置のこと。
目次[非表示]

※こちらではデュエル・マスターズにおける殿堂入りを説明する。それ以外の用途は殿堂入りへ。

概要

その強さ故に「デュエル・マスターズ」に大きな影響を与えた「切り札」の事。
殿堂入りカードに認定されると、デッキに1枚しか入れる事ができないぞ!
                            ---デュエル・マスターズ公式HP

殿堂入りとは、TCGデュエル・マスターズにおける「殿堂レギュレーション」への指定、およびその指定されたカードの事。他TCGのいわゆる「制限カード」にあたる措置であり、デッキに投入可能な枚数が1枚のみになる
殿堂入りしたカードを指して「殿堂カード」と呼ぶ非公式の通称もあるようだ。
より重い措置として、デッキへの投入そのものが禁止されるプレミアム殿堂がある。

公式においては上述のアオリ文の様に名誉ある称号・措置とされることが多いが、要は「その強さ故にデッキの自由度が失われるため大会での使用が規制された」というカード達である。
もっとも最近では、「禁断」カードの様にそのシステム上複数枚の投入ができない物をあらかじめ公式で指定しておく特殊なパターンや、あるいは古く人気の低いカードが最新のカードとの組み合わせによって注目され活躍した結果指定されるという文字通りの「名誉の殿堂入り」を果たすパターンも存在している。

また、殿堂入りからプレミアム殿堂に格上げになったカードも数多く存在する。
殿堂・プレミアム殿堂入りしたカードは調整版カードが出ることも多く、かつては一度指定されれば二度と緩和は無いと思われていた。
しかし、年月とともにゲーム全体のバランスがインフレしたことを受け、2015年の9月にボルメテウス・サファイア・ドラゴンがプレミアム殿堂からの格下げで殿堂入り、緩和された。
そして殿堂入り施行から12年経った2016年2月、遂に殿堂が解除され完全緩和に至るカードが現れた。


なお、殿堂レギュレーションの中には「プレミアム殿堂コンビ」というものも存在する。
これは、強力過ぎるコンボを放てるためにセットでデッキに入れることを禁止したもの。
「《龍仙ロマネスク》+《母なる大地》」が該当していたが、ロマネスクの殿堂入り及び母なる大地のプレミアム殿堂入りにより解除された。
「殿堂」全体で見て解除もしくは緩和されたのはこのプレミアム殿堂コンビの一組が最初。
また、プレミアム殿堂の亜種として「プレミアム殿堂超次元コンビ」というものも存在していたが、これも後に解除されている。

Pixivではポケモンの「殿堂入り」で使用されることが多いので、「殿堂入り デュエルマスターズ」と検索した方が良い。

殿堂入りカードとその指定年月一覧

2004年3月15日

《サイバー・ブレイン》(後にプレミアム殿堂入り)
《ディープ・オペレーション》 (後に殿堂解除)
《ストリーミング・シェイパー》
《エメラル》
《アストラル・リーフ》

2004年12月15日

アクアン》(後にプレミアム殿堂入り)

2005年7月15日

《スケルトン・バイス》(後にプレミアム殿堂入り)
無双竜機ボルバルザーク》(後にプレミアム殿堂入り)

2006年3月15日

《ヘル・スラッシュ》(後にプレミアム殿堂入り)
《ロスト・チャージャー》(後にプレミアム殿堂入り)

2006年4月15日

《炎槍と水剣の裁》(後にプレミアム殿堂入りしたが、解除された)

2007年11月15日

《クローン・バイス》
《予言者マリエル》

2008年4月15日

《魂と記憶の盾》
《アクア・ハルカス》 (後に殿堂解除)
《パシフィック・チャンピオン》 (後に殿堂解除)
《インフェルノ・ゲート》(後にプレミアム殿堂入り)
《インフィニティ・ドラゴン》
《超竜バジュラ》
《母なる大地》(後にプレミアム殿堂入り)
《呪紋の化身》(後にプレミアム殿堂入り)

2008年10月15日

《凶星王ダーク・ヒドラ》(後にプレミアム殿堂入り)
《バジュラズ・ソウル》

2009年4月15日

《母なる紋章》(後にプレミアム殿堂入り)
《英知と追撃の宝剣》
ソウル・アドバンテージ》(後にプレミアム殿堂入り)
《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 (後に殿堂解除)

2009年12月19日

《聖鎧亜キング・アルカディアス》(後にプレミアム殿堂入り)
不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》(後に殿堂解除)
《インフェルノ・サイン》

2010年5月15日

《パラダイス・アロマ》
蒼狼の始祖アマテラス》(後にプレミアム殿堂入り)
龍仙ロマネスク
エンペラー・キリコ》(後にプレミアム殿堂入り)
《スパイラル・ゲート》

2011年1月15日

《光牙忍ハヤブサマル》
《ラッキー・ダーツ》
《転生プログラム》 (後にプレミアム殿堂入り)
《ハイドロ・ハリケーン》
魔光蟲ヴィルジニア卿
龍神ヘヴィ》 (後に殿堂解除)
威牙の幻ハンゾウ
邪神M・ロマノフ》(後にプレミアム殿堂入り)

2011年7月23日

《ダンディ・ナスオ》
《斬隠オロチ》
《超次元ドラヴィタ・ホール》
《王機聖者ミル・アーマ》(後に殿堂解除)
天雷の導士アヴァラルド公
《再誕の社》

2012年3月15日

カラフル・ダンス

2012年8月11日

《ボルバルザーク・エクス》
《ビックリ・イリュージョン》
《次元流の豪力》(後にプレミアム殿堂入り)

2013年3月15日

《セブンス・タワー》
《ミラクルとミステリーの扉》(後にプレミアム殿堂入り)

2013年6月22日

《ホーガン・ブラスター》
《獰猛なる大地》
《アクア・メルゲ》
《カモン・ピッピー》

2014年3月15日

《ガチンコ・ルーレット》
《ポジトロン・サイン》
《希望の絆 鬼修羅》
《パーロックのミラクルフィーバー》
《盗掘人形モールス》

2014年5月24日

《勝利宣言 鬼丸「覇」》
《疾封怒闘 キューブリック》
《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》
《予言者ローラン》 (後に殿堂解除)
《デビル・ドレーン》
《陰陽の舞》

2015年3月14日

《超次元ホワイトグリーン・ホール》
《ミステリー・キューブ》

2015年6月15日

《魔天降臨》
《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》(後にプレミアム殿堂入り)
《ヒラメキ・プログラム》
《暴龍警報》

2015年9月19日

ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》(プレミアム殿堂からの格下げ)

2015年12月15日

《禁断~封印されしX~》/《伝説の禁断ドキンダムX》(登場と同時に指定)

2016年2月1日

《凶星王ダーク・ヒドラ》(プレミアム殿堂から降格)

2016年2月28日

《無双恐皇ガラムタ》
《奇跡の精霊ミルザム》(後にプレミアム殿堂入り)
《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》/《極・魔壊王 デスゴロス》

2016年9月15日

《邪帝斧 ボアロアックス》/《邪帝遺跡 ボアロパゴス》/《我臥牙 ヴェロキボアロス》
《フェアリー・ギフト》
《フォース・アゲイン》

2016年12月16日

《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》/《終焉の禁断 ドルマゲドンX》(登場と同時に指定)

2017年2月26日

《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》
《蛇手の親分ゴエモンキー!》
《常勝ディス・オプティマス》
《復讐 ブラックサイコ》
《メガ・マナロック・ドラゴン》

2017年7月8日

《S級原始 サンマッド》
《アラゴト・ムスビ》
《スクランブル・チェンジ》
魔龍バベルギヌス
《大勇者「鎖風車」》
《目的不明の作戦》

関連タグ

デュエル・マスターズ デュエルマスターズ
制限カード
プレミアム殿堂

pixivに投稿された作品 pixivで「殿堂入り(デュエル・マスターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43186

コメント