ピクシブ百科事典

聖鎧亜キング・アルカディアス

せいがいあきんぐあるかでぃあす

デュエル・マスターズにおけるカードのひとつ。(イラスト右)
目次[非表示]

概要

拡張パック「極神編」第3弾『超絶vs究極』にて登場した進化クリーチャー。
名前から分かる通り『聖霊王アルカディアス』の派生カードである。

カードとしての能力

マナコスト:7
文明:光・闇
種族:エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー

・マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
・進化:自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
・相手は、多色以外のクリーチャーをバトルゾーンに出すとき、バトルゾーンに出すかわりに墓地に置く。

バトルゾーンに存在するだけで、相手の多色以外のクリーチャーの召喚を完封する強力な能力を持つ。このクリーチャーがいるだけで、相手の多色ではないクリーチャーはバトルゾーンに出られず墓地へ直接置かれることを強制されるのである。
さらに、ここに「光神龍スペル・デル・フィン」などの呪文禁止が加われば、簡単に即死コンボの完成である。相手のデッキにもよるが、多色カードは通常そこまで多くデッキに投入されるものではないため、多色でない呪文と多色ではないクリーチャーの召喚さえ禁止してしまえば、ほとんどのデッキが機能停止に陥るだろう。

登場時からその理不尽なまでの強さで環境を支配し『龍仙ロマネスク』や『フェアリー・ミラクル』などとともに多色コントロールデッキの中心に居続けた恐るべきカードである。
これだけの強力なカードでありながら、コスト7とそれほど重くもなく、進化元が多色クリーチャー1枚だけあればよいという扱いやすさもそれに拍車をかけた。登場時能力を使い終わったクリーチャーをそのまま進化元にでき、しかも種族指定がないため、光と闇の入る、多色クリーチャーが入ったデッキでは常に採用が検討できた。

このクリーチャーが存在した環境では、速攻以外はどんなデッキでも『キング・アルカディアスを除去するための単色クリーチャーではない除去手段』を入れなければならなかったといえば、いかにこのカードが恐ろしいかがわかるだろう。

登場してから2年で殿堂カードに指定され、とりあえず1体を除去してしまえば再登場することはなくなったが、使用率は落ちず、殿堂指定からわずか半年でプレミアム殿堂に昇格した。
当時の環境が、このクリーチャーの有無にかかわらずほとんど闇入りのコントロールデッキで占められており、デッキ構築の幅を狭めてしまったことからも、このカードの殿堂入りは妥当であろう。

余談

のちに、聖鎧亜クイーン・アルカディアスのフレーバーテキストで故人となったらしいことがわかった。
後の拡張パックで登場した『召喚を禁じる』系統のクリーチャーはコストが重かったり、特定の条件下でのみ召喚禁止を発揮するものだったりと、様々な縛りが設けられている。
また、シークレットイラストのカードが存在しており、通常版ではヒト型フェイスだが、シークレット版はアルカディアスに似た仮面のイラストになる。
(当記事のメイン画像はシークレット版のもの)

関連タグ

闇鎧亜キング・アルカディアス
デュエル・マスターズ

pixivに投稿された作品 pixivで「聖鎧亜キング・アルカディアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227

コメント