2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

超神星アポロヌス・ドラゲリオン

ちょうしんせいあぽろぬすどらげりおん

超神星アポロヌス・ドラゲリオンとは、トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』におけるクリーチャーカードの一種である。進化GVを持つ火文明の進化クリーチャーであり、種族はフェニックス/ティラノ・ドレイクである。
目次[非表示]

カード効果

超神星アポロヌス・ドラゲリオン
超神星アポロヌス・ドラゲリオン
SR
火文明 (6)
進化クリーチャーフェニックス/ティラノ・ドレイク 15000+
進化GV-自分のドラゴン3体を重ねた上に置く。
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーは「パワーアタッカー+15000」と「ワールドブレイカー」を得る。
相手は、このクリーチャーを選ぶ時、自分自身のマナゾーンにあるカードをすべて墓地に置く。
T・ブレイカー


概要

不死鳥編で登場した超大型フェニックス。素でパワー15000にT・ブレイカーというかなりのスペックを誇るが、何よりも特筆すべきはそのメテオバーン効果。
効果を発動することで、攻撃中はほぼ負けることのないパワーと、相手のシールドがどれだけ増えてようが全て消し飛ばしてしまう最強の一撃「ワールド・ブレイカー」を得る。
また、「相手に選ばれる」ことで相手のマナを全て焼却する、ほぼアンタッチャブルと言っても過言でない効果も持つ。
進化元も効果も豪華で豪快なのだが、いかんせん重い上にオーバーキルだった。
しかし、《黒神龍グールジェネレイド》や《闘龍鬼ジャック・ライドウ》など、展開や進化に長けたドラゴンの登場によって格段に出しやすくなり、最終的に構築済みデッキが発売されるまでになっている。(メイン画像はデッキのもの。)

なお、メテオバーンによるパワー上昇効果は特にターン制限が無いため、最終的に「パワーアタッカー+45000」になる

派生カードと言うには効果が違うが、《超神星DEATH・ドラゲリオン》が存在する他、エイリアン化した《レッド・ABYTHEN・カイザー》が存在する。

漫画では、デュエルマスターヤエサルが封印していた最強のフェニックスとして登場。
それを奪ったザキラが使用している。
見方に依るだろうが、「ザキラ」というデュエリストの初代切札と言える。
暗黒王デス・フェニックス》、《ヘヴィ・デス・メタル》と共に、彼を象徴するカードの一つ。

デュエル・マスターズ_プレイスでは

超神星アポロヌス・ドラゲリオン SR/SEC 火文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 30000
進化GV-自分のドラゴン3体を重ねた上に置く。
シンパシー:ドラゴン
メテオバーン3:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のシールドをすべてブレイクする。
相手は、このクリーチャーを選ぶ時、自分自身のマナゾーンにあるカードをすべて墓地に置く。
ワールド・ブレイカー


種族ティラノ・ドレイク消去、メテオバーンが相手のシールドをすべてブレイクするに変更され、最初からパワー30000、ワールドブレイカー持ちという破格の性能に変更された。
メテオバーンを使えば攻撃ではなくアタックトリガーでシールドを破壊するため、ブロッカーやS・トリガーに阻まれなければそのままこのカードの攻撃で勝負を付ける事も可能。
さらにシンパシーも追加されたことでマナも軽減され早いターンでいきなり召喚ということも可能になった。
加えてこのカードが選ばれた場合、相手のマナを全て焼却する効果はそのまま残っており、《デーモン・ハンド》や《アクア・サーファー》でこのカードを排除してもマナを全て焼却されてしまい反撃手段に大きな制約が生じてしまうという鬼のようなカードとなっている。
《ホーリー・スパーク》は対象を選ばないが、既に攻撃中のこのカードの攻撃を止めることは出来ない。
このため、安全にこのカードによるダイレクトアタックを阻止する方法はかなり限られてくる。
例を挙げると…
1.何らかのブロッカー、或いはブロッカーを付与したクリーチャーで攻撃を受け止める。或いはS・トリガーのブロッカー、もしくはブロッカー付与のS・トリガーで耐える。
2.《予言者リク》等のS・トリガーの効果でダイレクトアタックに割り込んでシールドを追加する。
3.《アポカリプス・デイ》などの対象を選ばないS・トリガーの除去効果で排除する。
4.《聖天使グライス・メジキューラ》の効果で攻撃そのものを中止させる。
5.《五元の精霊プラチナム》《剛勇王機フルメタル・レモン》の敗北回避効果でダイレクトアタックを受け流す。
と言った感じになる。
このように対応手段が非常に限定されるので、多くの場合ほぼゲームエンドとなってしまう凶悪なクリーチャーだが、バトルゾーンに干渉する能力を持たないためにある程度盤面を押さえておかないと仕留め損じた後の相手バトルゾーンのクリーチャー達の一斉反撃で逆転負けを喰らう可能性もある。
加えてメテオバーンは原則一回しか使えない為、後からシールドを追加されると単独でのダイレクトアタックは非常に難しくなる。特にS・トリガーで《ヘブンズ・ゲート》から《血風聖霊ザーディア》を出されると、シールド追加&ブロックでダイレクトアタックまでの道のりが一気に遠のいてしまう。

なお、このカードが登場したパックではゲームオリジナルカードとしてこのカードの進化元に利用しやすい《ヘリオライズ・ドラゴン》や《センチネル・ドラゴン》も登場しており、それらのデュエル中のボイスでは「不死の炎」という言葉が出てくる事から設定上もこのカードと関連があるもよう。

その高い攻撃能力から実装以降環境の一角を担い続け、「今後登場予定のカードや能力を加味して検討した」としてゲーム内における殿堂入りに当たるDP殿堂に指定された。上述した通りうまく盤面を整えなければ倒しきれない事もあるとはいえ、逆に言えば相手の盤面が整う前に出せればそれだけで相手のシールド枚数に関係なくデュエルの決着が付きかねない事や、このカードの進化元を潰したり進化に成功したとしても攻撃を耐え凌ぎ反撃に繋げやすいカードとして環境の一角を担っていた連珠の精霊アガピトスの能力が下方修正された事、何よりドラゴンという進化元の指定の緩さから今後新たにドラゴンが登場する度にこのカードの進化元として乱用されかねない事などが重く見られたものとプレイヤーの間では推測されている。

超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン

【デュエル・マスターズ】超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン



<
超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン
SR
火文明 (6)
究極進化クリーチャーフェニックス 15000
究極進化-自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
侵略-火の進化ドラゴン(自分の火の進化ドラゴンが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
T・ブレイカー
相手がこのクリーチャーを選んだ時、カードを2枚相手のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。
メテオバーン:このクリーチャーが出た時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする。

DMEX-17で登場した所謂リメイクカード。能力に大幅な変更が加わっており、進化方法が究極進化に変わっている。また侵略を新たに獲得し、リメイク前よりもバトルゾーンに出し易くなった。
反面、リメイク前の最大の特徴であったワールド・ブレイカーの一文と圧倒的数値のパワーアタッカーが無くなっており、選ばれた際のマナ破壊も2枚までと激減している。
ここだけを見ると弱く見えるが、新たに生まれ変わったメテオバーンがこれを覆す。
下のカードが3枚必要となるが、発動した瞬間相手のシールドが全て消し飛ぶ。さらに発動タイミングは攻撃時ではなくバトルゾーンに出た瞬間かつ攻撃が到達する前に全ブレイクが決まるため、先述の侵略を利用して出せば不意打ちの如く相手の盾が消し飛ぶ上にブロッカーやその中のS・トリガー等で対処できなければこの攻撃がダイレクトアタック判定となり勝利できる。また既に攻撃中であるため「ホーリー・スパーク」等の全停止系は効果が無く、仮に除去S・トリガーで対処できても今度はマナ破壊効果で相手に損害を与えたりと、一度登場を許すと相手にとっては恐怖そのものでしかない。

ただし注意点として、普通に究極進化しようとするとメテオバーン発動に必要な進化元が1枚足りなくなる。そのため下の進化獣をもう1回進化させる工程が必要であるが、コスト5以上であればあらゆるクリーチャーから侵略できる「革命類侵略目 パラスキング」を同時に侵略宣言してドラゲリオンの間に挟めば簡単にメテオバーン素材を確保可能。
侵略元も、登場時の3枚ドローで山札からドラゲリオンやパラスキングを引き込みつつ攻撃時に敵獣破壊が可能な「メテヲシャワァ <バジュラ.Star>」等が居るため、使ってみると実は意外と難しくなかったりする。

関連タグ

デュエル・マスターズ
火文明
進化クリーチャー クリーチャー
フェニックス ティラノ・ドレイク
ザキラ
超神星DEATH・ドラゲリオン

外部リンク

DuelMasters Wikiにおける超神星アポロヌス・ドラゲリオンの項目

関連記事

親記事

ティラノ・ドレイク でぃらのどれいく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「超神星アポロヌス・ドラゲリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12566

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました