ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

龍仙ロマネスク

りゅうせんろまねすく

龍仙ロマネスクとは、TCG「デュエル・マスターズ」のカードの一種である。
目次 [非表示]

カードとしての能力

龍仙ロマネスク //自然文明 (6)

クリーチャーアポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 5000

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

ブロッカー

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。

自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。


概要

DM-25にて登場。


出た当時からこのカードでマナを増やし、当時4枚投入できた「母なる大地」や「母なる紋章」によって巨大クリーチャーへと変換しこのカードのデメリットを帳消しにするロマネキャンセルと呼ばれる戦術が流行した。

流石に公式もこれは危険だと思ったのか発売から2ヶ月後、「母なる大地」か「母なる紋章」とこのカードを同じデッキに入れることが出来なくなる「プレミアム殿堂コンビ」を設けた。

それにより弱体化したとはいえ驚異的なブーストが出来るため強力なカードだった。


その後墓地からクリーチャーを蘇生させる「インフェルノ・サイン」が登場。

このカードのデメリットを逆手に取り墓地から蘇生させる戦術が流行した。


このカードの登場から数年後、エンペラー・キリコが登場。

ロマネキャンセルのギミックを再現できる「母なる星域」が登場したこともあり、再びトーナメントシーンで姿を現した。


このような凶悪性からか2010年5月15日に殿堂入り

トーナメントシーンでの主な居場所であったエンペラー・キリコプレミアム殿堂入りとなり、トーナメントシーンで見ることは少なくなった。


しかし、2018年1月27日に、ついに殿堂解除となり、現在では4枚投入することができる。


DUEL MASTERS PLAY'S版のカードとしての能力

龍仙ロマネスク SR 光/火/自然文明 (6)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 5000
ブロッカー
バトルゾーンに出た時、それが自分のターンなら、自分の山札の上から4枚をマナゾーンに置いてもよい。(この効果によって使用可能マナは増えない)
自分のターン終了時、自分のマナゾーンから1枚を墓地に置く。

DMPP-08 第8弾「極神創世譚 -VIOLENCE FUSION-」に収録.


実装当初は、墓地に送る効果はランダムだったが、2021年8月26日からクリーチャーに限っては部分的に選べるようになった。2022年12月16日からはクリーチャーに限らず墓地に置けるカードを選ぶるようになった。


関連タグ

デュエル・マスターズ デュエルマスターズ

光文明 火文明 自然文明 アポロニア・ドラゴン アーマード・ドラゴン アース・ドラゴン

トップ・オブ・ロマネスク(リメイクカード)

仙祖電融テラスネスク(+蒼狼の始祖アマテラスディスペクター化)

関連記事

親記事

アポロニア・ドラゴン あぽろにあどらごん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24601

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました