ピクシブ百科事典

デュエル・バスターズ

でゅえるばすたーず

デュエル・バスターズとはドギラゴン剣というカードがデュエルマスターズ界にもたらした一種のブームである
目次[非表示]

デュエル・バスターズとは

デュエル・バスターズとは2016年5月28日に発売されたDMR-21革命ファイナル拡張パック第1章
ハムカツ団とドギラゴン剣に目玉カードとして収録された蒼き団長ドギラゴン剣がその後新殿堂によって規制される2019年3月1日までデュエル・マスターズ環境で暴れまわったことを言う。

デュエル・バスターズの経緯

革命ファイナル環境

2016年5月にドギラゴン剣が収録されたことにより2ターン目にコスト5以上の火または自然のクリーチャーに革命チェンジ、3ターン目にドギラゴン剣に革命チェンジし、勝利のアパッチウララー、絶叫の悪魔龍イーヴィルヒートなど強力な多色クリーチャーを出し、そのままフィニッシュする3ターンキルを実装した成長バスターが環境入り、多くのプレイヤーを恐怖のどん底に陥れた。

新章デュエルマスターズ環境

2017年3月25日に発売されたDMRP-01デュエル・マスターズ 拡張パック新1弾 ジョーカーズ参上!!で始まった新環境、新弾に収録されていた異端流しオニカマスなどの踏み倒しメタに多くの人々はドギラゴン剣が環境から退くことを期待していた。しかし、世の中はそんなには甘くなかった、新弾発売直後、革命ファイナル環境で少し環境落ちしていた5cドギラゴン剣が新発売されたアクアンメルカトールを搭載して環境復帰、そして次元の霊峰を搭載した霊峰バスターも登場追い打ちで、逆にオニカマスを搭載した赤青黒バスターが登場、この時点でドギラゴン剣は手のつけようがない状態になっていた。
そして多くのデュエルマスターズプレイヤーが待ちに待った2018年3月1日の殿堂発表、発表されたのは、
音精ラフルルと単騎連射マグナムだった。二つともドギラゴン剣の主要パーツであるものの、到底この時期のバスターの強さを止める一手にはならなかった。

双極編環境

2018年3月31日に発売されたDMRPー05を始めとした双極編、ツインパクトカードが発売され、ようやくバスターの環境に終止符が打たれたと思ったのもつかの間、さらにドギラゴン剣を助長するようなカード、龍装者バルチュリスが収録、同年の殿堂発表で次元の霊峰と勝利のアパッチウララーが殿堂入りするも、やはり決定打とならず、そしてDMEXー02でゼンメツー・スクラッパーという異端流しオニカマスを除去できるメタカードも登場、もはや環境はドギラゴン剣の物になっていた。

デュエルバスターズの終わり

このドギラゴン剣の環境の独り占め状態にデュエルマスターズプレイヤー達は途方にくれ、新殿堂発表でも「またどうせ周辺パーツだろ...」と落胆していた。しかしそんな中、ワールドホビーフェアの会場で発表されたのは何と蒼き団長ドギラゴン剣、会場は歓喜に湧き、例年一番盛り上がった殿堂発表となった。そしてこの殿堂発表により、5cバスター、赤青黒バスターなどは環境落ちしドギラゴン剣はひっそり息を潜めて赤緑モルトNEXTと融合していった...

復活の団長

2020年11月21日、6年ぶりとなるスーパーデッキ、蒼龍革命が発売された。そう、デッキ名でお察しの通りドギラゴン剣を軸にしたデッキである。デッキは2017年大会で使用されたタッチ光赤青ドギラゴン剣をベースに作られている。そして目玉となったカードが蒼き守護神 ドギラゴン閃。自然文明ではなく光文明との複合になっており、ブロッカーの追加、スピードアタッカーの付与がターン終了時のアンタップに、合計6以下の多色の踏み倒しが山札の上から4枚になっており、攻撃よりの剣と違って防御よりのスペックになっている。登場後すぐに環境で使われ始め、剣よろしく様々なデッキタイプが生み出された。蒼龍革命をベースにした白青赤型、光を抜いて水のメタカードや火の速攻系を増やした赤青型、百鬼の邪王門とボルシャック・ドギラゴンを採用しカウンターを狙う赤黒型、優秀なドラグナーを多用する赤白型、天災 デドダムを採用した5色型等多くのデッキタイプが生まれ、環境で競り合っている。

コメント