ピクシブ百科事典

天衣無縫の極み

てんいむほうのきわみ

天衣無縫の極みとは、「テニスの王子様」でキャラクターである越前リョーマが五感を失った際に至った境地である。

概要

テニスの王子様に登場する技の一つで、究極のテニヌ技である。
無我の境地の三つの扉のひとつで「百錬自得の極み」「才気煥発の極み」に続く無我の奥にある最後の開かずの扉。

乾貞治の分析によると、無我の力を体内にためこみ、何らかの形で体の必要なところに放出して増幅させる技。「百錬自得の極み」を適材適所に移動させた進化版と推測した。
28年前に「天衣無縫の極み」を開いた越前南次郎曰く、「天衣無縫の極み」は誰でも開ける可能性があるらしい。
この言葉から類推するに、勝つため・ミスをしないためのプレーよりも、純粋にテニスを楽しむためのプレーこそが天衣無縫であるといえる。

天衣無縫の極み発動を発動した越前リョーマは、髪の毛が逆立って色が薄くなりどこかのスーパーサイヤ人と似ているかのような風貌となる。また、「無我の境地」とは少し違い、落ち着きのある雰囲気を持っている。

テニスの王子様本編の全国大会決勝の立海vs青学S1にて越前リョーマが会得した。
新テニスの王子様では、手塚国光遠山金太郎鬼十次郎も会得している。

関連タグ

テニスの王子様 新テニスの王子様 テニヌ
越前リョーマ 越前南次郎 手塚国光 遠山金太郎 鬼十次郎

pixivに投稿された作品 pixivで「天衣無縫の極み」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6270

コメント