ピクシブ百科事典

Q・P

きゅーぴー

Q・Pとは、「新テニスの王子様」に登場するキャラクター。

プロフィール

所属U-17W杯ドイツ代表参謀 高校2年
身長177cm
体重63kg
誕生日3月4日(魚座)
血液型AB型
利き腕
プレイスタイルオールラウンダー
愛用メーカー:シューズ/ラケットYONEX POWER CUSHION WIDE 2001/BRIDGESTONE PROBEAM X01 MID OVER 2001
座右の銘First and last, what is demanded of genius is love of truth.(何よりも天才に必要なことは、真実に忠実であること。)
家族構成なし
趣味音楽鑑賞(メンデルスゾーン)
好きな食べ物ヴェルタースオリジナル
好きな色
苦手なもの(こと)「人形みたい」と言われること
好みのタイプ聡明な人
行きたいデートスポット町外れの小さな公園
今一番欲しいもの最新型のタブレット
テニス以外の特技30分で行う完璧な品質のクッキング
大会中の日課電話(相手不明)


概要


Golden age 286までの内容を含む。ネタバレ注意

U-17ドイツ代表のNo.2、参謀。Q・Pは「Quality of Perfect(完璧な品質)」を略した登録名。由来は、8歳の頃コーチのケン・レンドールにそう呼ばれたことから。幼き日のエピソードから「青い鳥」と形容されることもある。

プレW杯(エキジビション)では第2試合に手塚国光とのダブルスで出場、跡部景吾入江奏多を完全試合で圧倒。
準決勝では第1試合S3で出場、鬼十次郎に勝利。

まだ名前もない赤ん坊の頃にドイツテニスアカデミー(GTA)に引き取られ、「Quark Puppe(どうでもいい人形)」を略してQ・Pと呼ばれていた。
5歳になる頃にはすでにテニスの才能を開花させていたが、孤児院出身という境遇からどのコーチにも心を開かず、アカデミーのオーナーはQ・Pを退学させ、孤児院へ送り返そうとする。しかしコーチのレンドールがそれを阻止。
レンドールはQ・Pの指導を試みるが、やはりQ・Pが心を開かないため、互いに顔を合わせる代わりに練習場に置いた「青い鳥のシーソー」を交互に傾けるという方法で二人の練習が始まった。

それから3年が経ち、Q・Pはレンドールが3年前にコーチを解雇されていたことを知る。レンドールはオーナーに反発したことで職を失ったが、Q・Pとの練習を続けるため、掃除係としてアカデミーに在籍していたのだった。

誰にも心を開かず、常に無表情で過ごしていたQ・Pは涙を流し、レンドールの気持ちに応えるために、誰よりも強くなることを決意した。そして二人の出会いから12年後の現在、Q・PはGTAの「最高傑作」、レンドールは代表チームの監督として活躍している。

鬼との対戦で三種の「矜持の光(シュトルツシュトラール≒天衣無縫の極み)」を体感し、吸収。それにより「完璧な品質」から「究極の品質(テニスの神)」へと進化を遂げ、スピード・パワー・テクニックのすべてが規格外に。結果、鬼は手首を負傷し、非常に不利な状況となった。

なおこの試合でQ・Pは「テニスの王子様」・「新テニスの王子様」連載20年の歴史において初めて「チャレンジ・システム」を使用。結果、判定が覆りQ・Pが試合を勝ち取った。

関連記事

親記事

新テニスの王子様 しんてにすのおうじさま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Q・P」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16182

コメント