ピクシブ百科事典

姚天君

ようてんくん

姚天君とは封神演義に登場する仙人である。この記事は藤崎竜作封神演義の解説を行う

概要


画像右側の人物。金鰲島十天君の一人で王天君金光聖母と並ぶ十天君上位の実力者。

空間宝貝「落魂陣」をもち、空間内で触れる者の魂を消し飛ばす落魂の呪符と、強力な爆発を引き起こす破壊の呪符を使って戦い。自身は攻撃することなくじわじわと追い詰める戦いをする。

仙界大戦において金光聖母と共闘し、金光聖母の宝貝「金光陣」と共に多重空間を形成。金光陣の効果で光を屈折させ、幻影を作り出して太公望達を迎撃。呪符と本体の位置を掴ませず、一方的に攻撃をするも。敏感肌で直感の強い韋護には金光陣は通用せず、落魂の呪符と破壊の呪符を破壊され、韋護の宝貝「降魔杵」の攻撃形態の一撃を受け撃破される。

pixivに投稿された作品 pixivで「姚天君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5922

コメント