ピクシブ百科事典

張天君

ちょうてんくん

張天君とは、封神演義に登場する妖怪仙人である。
目次[非表示]

藤崎竜版『封神演義』における張天君

概要

金鰲島十天君と称される妖怪仙人の一人。
全てを砂に高速風化させる宝貝・紅砂陣を操り、通天砲破壊の為に単身潜入していた楊戩と対峙。
別次元を作り、空間そのものを武器とする「空間宝貝」を崑崙勢の前で初めて披露。そのトリッキーな戦術をもって崑崙屈指の実力者である楊戩を苦戦せしめる。
しかし妖怪仙人としての真の力を見せつけた楊戩の前に圧倒され、最後は無限に増え続ける砂へと変化し空間そのものをパンクさせるという楊戩の粗技の前に敗北。封神された。

空間宝具という新カテゴリのインパクトとあの楊戩の本気を引っ張りだした事、また疲弊に追い込む等、姚天君金光聖母とまでは及ばずともかなりの強者のようであり、十天君の強さを印象付けた人物。
また「妖怪は同種に対して寛容である」という一面を見せた人物としても印象深い。

関連タグ

封神演義 十天君

pixivに投稿された作品 pixivで「張天君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389

コメント