ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

金光聖母

きんこうせいぼ

金光聖母とは、封神演義に登場する仙人である。 創作物の封神演義にも登場している。
目次 [非表示]

原典の金光聖母

概要


十天君の一人で唯一の仙女。

道教における雷神、電母と同一の存在とされる。

二十一枚の鏡を雷で操り、そこから発する光で相手を消し去ると言う時代を先取りし過ぎている能力を持つ金光陣を布いて蕭臻と言う道士を倒すが、続いて陣に入った広成子の防具、八卦紫綬衣には通用せず、彼の宝貝番天印で全ての鏡を割られ、最後は自身も頭を砕かれて戦死した。


藤崎竜の作品の金光聖母

概要


CV:森なな子

金鰲島十天君の中でも姚天君・王天君と並ぶ抜きん出た強さを持つ仙女であり、

姚天君と組んで襲い掛かり、宝貝・金光陣を持って苦しめる。

首と手以外の体が透明であり衣服の内側には虚無が詰まっているという。

さらに光を屈折させることもでき、物の位置をずらして見せることもできる。

空間宝貝、金光陣を持つ。使用することで自ら光を放ち、その光によってできた影を襲わせる。影は本体の10分の1の強さを持っており、本体から見ればたいしたことは無い強さだが、与えたダメージがそのまま自分に跳ね返ってくるので迂闊には攻撃はできない。影に隠れるなど、金光陣の光に触れなければ影は現れないが、金光聖母を攻撃するには光に触れなくてはならないというジレンマに悩まされることになる。

この効果によって戦闘狂の哪吒は重症を、張天君との戦いで疲弊していた楊戩はなすすべも無く削られていった。

楊戩が張天君に変身し、砂を操る紅砂陣を使って砂嵐を起こして光を遮り、金光陣が使えなくなった所を撃破される。


関連タグ

封神演義 十天君 敵女

関連記事

親記事

十天君 じゅってんくん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397793

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました