ピクシブ百科事典

怪談喫茶ニライカナイ

かいだんきっさにらいかない

「怪談喫茶ニライカナイ」はWEB文蔵にて、2019年8月20日にて連載されている、蒼月海里作品のことである。
目次[非表示]

概要

フリーライターの雨宮志郎は、東京都江東区にある臨海地域、綿津岬に引っ越してきてから怪異に悩まされるように。ある日、路地裏にある喫茶店『ニライカナイ』の店主に「お茶のお代としてあなたの怪談を聞かせてください」と言われ──。
廃墟同然の喫茶店を舞台にした幻想小説。
WEB文蔵にて2019年8月20日より連載開始。

ちなみに、タイトルにもある「ニライカナイ」は、遥か遠い東(辰巳の方角)の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる異界(wiki引用)。作中では、南方としてではなく、海の底にある異界の意味として使っている。

あらすじ

フリーライターの雨宮志郎は、引っ越し先の綿津岬にて怪異に悩まされるようになる。ある日、朱色の橋を渡った先の数々の視線から逃れる為に路地裏に行くが、そこで、廃墟同然の喫茶店『ニライカナイ』に吸い込まれるように入っていく。和装の店主・浅葱に「お茶のお代としてあなたの怪談を聞かせてください」と言われ──。

登場人物


雨宮志郎(あまみや しろう)

綿津岬に引っ越してきたフリーライター。もうすぐ30歳。一人称は「俺」
趣味のブログでお小遣い程度の収入を得ている。

浅葱(あさぎ)

喫茶店『ニライカナイ』の店主。
柳のようなしなやかな体躯に、蝶々(アサギマダラ)をあしらった着物を纏っている。
烏羽玉の黒髪。漆黒の瞳。中性的な容姿。
表情が乏しい。
一人称は「私」
愁いを抱いているらしい。

関連タグ

蒼月海里

関連記事

親記事

蒼月海里 あおつきかいり

兄弟記事

コメント