ピクシブ百科事典

手は尽くしたけど駄目だった

てはつくしたけどだめだった

人間ではもうどうしようもないこと。
目次[非表示]

概要

人間が何かをやる時、時として最善を尽くしたにも関わらず、どうしようもないことが起きる。

事例

その1 ドカベン

経過

2年の夏の大会3回戦。両者ヒット1本打てないまま、7回裏、打順は4番不知火から。里中智の第1球を打つ。打球はサード岩鬼のグラブを弾き、レフトへ。微笑三太郎がダイビングキャッチするも、ダイレクトかワンバンか微妙なところ。ところが3塁塁審が熱中症で倒れており、判定を下す者がいなくなってしまった。他の審判は遠すぎて判定ができない。それでも何とか判定をしようと以下のことをする。

  • ボールに付いている汚れを見る→泥だらけで失敗。
  • ビデオ判定→肝心なところで岩鬼の頭が隠してしまっている。
  • ボールデッドにする→不知火を何処の塁に戻すべきか分からない。
結局判定を下せず、苛立ちばかりが募る。土井垣監督の猛抗議に腹を立てた布施主審は、没収試合もも辞さないと発言する展開になってきた。

結果

三塁塁審が無理をしてアウトを宣告。不知火はアウトとなりプレー再開。

余談

水島新司の予言が二つも的中している。

  • 2006年4月21日の阪神対巨人戦で渡真利主審が本当に倒れた。
  • ビデオ判定が現実のプロ野球で導入された。

関連タグ

水島新司 ルールブックの盲点の1点:同じ試合で起こった出来事 ドカベン

コメント