ピクシブ百科事典

ルールブックの盲点の1点

るーるぶっくのもうてんのいってん

日本の野球漫画史上、最も有名なエピソードの一つ。
目次[非表示]

試合の流れ

2年生の夏の大会3回戦。山田太郎率いる明訓高校の相手は不知火守率いる白新高校。不知火と里中智の先発で始まった試合は両者一歩も譲らず、9回を終わって不知火はパーフェクト、里中は四球3つだけのノーヒットノーランと、両軍が全く相手投手を打てない緊迫した試合になった。そして延長10回の表、先頭の岩鬼が死球、殿馬がヒット、山岡がバントを失敗した後山田はセーフティバント。一死満塁で微笑三太郎を迎える。

プレーの一連の流れ

スクイズを警戒し、内外野総前進守備の中、三塁ランナーの岩鬼がスタートし、微笑が初球からスクイズするも打球は小フライ。これを不知火が好捕。一塁ランナーの山田が飛び出していたため、不知火は一塁に送球してダブルプレーが成立。3アウトチェンジとなり、白新ナインは大喜びでベンチに戻るのだが、どういうわけか明訓に1点が入っており、白新はピンチを乗り切った歓喜から一転、窮地に追い込まれてしまう。結局、この1点が決勝点となり、白新は里中から1本のヒットも打てないまま敗北を喫したのであった。

解説

何故明訓に1点が入ったのかと言うと、実は一塁ランナーの山田がアウトになる直前、三塁ランナーの岩鬼がスクイズで飛び出した勢いそのままに本塁に滑り込んでいたのだ。
当然、岩鬼はタッチアップ(一度元居た塁に戻って再スタートする事。「リタッチ」とも)などしておらず、本来ならアウトなのだが、生還が認められて明訓に1点が入っている。

ここで重要になってくるのが、「フォースアウトとアピールアウトの違い」である。
フォースアウトはそのプレイで必ず進塁しなければならない走者(打者走者及びその直前の走者)を、進塁する先の塁にボールを送ってアウトにする事であり、アピールアウトはタッチアップしていない、もしくはタッチアップのタイミングが早かったランナーを、戻らなければならない塁にボールを送って審判にそれをアピールしてアウトにする事である。
この2つは共に走者へのタッチが不要なので混同されている事が実に多いのだが、3アウト目に大きな違いがある。
3アウト目より先に3塁走者がホームインした場合、3アウト目がフォースアウトの場合はホームインが無効になる。対してアピールアウトの場合はホームインが無効にならないのだ。
従って山田がアウトになったこの時点では、岩鬼のホームインは無効になっていない。
但しタッチアップはしていないので、ここで改めてアピールすれば山田のアウトを岩鬼に振り替える事が出来たのだが、アピールは投手と捕手を含めた内野全員がファウルグラウンドに出てしまう前に行われなければならないのである。
だが、白新ナインはフォースアウトとアピールアウトを混同しており、ダブルプレーでピンチを脱したことで岩鬼のことなどすっかり忘れてベンチに戻ってしまった。結果、内野の6人がファウルラインを越えた瞬間に白新のアピールの権利は失われ、岩鬼のホームインが認められて明訓に貴重な1点が入ったというわけである。

評価

初めのうち、あまりにも難解なプレーであるため、理解出来ずに批判する人も多かった。しかし、実際にこのようなプレーが起こることがありうるということが分かり、水島の野球に対しての深い理解が認知されることになった。そして後述するような事例により、実際に起こることが裏付けられた。

実際に起きた事例

2012年8月13日 済々黌vs鳴門
2-1と済々黌の1点リードで迎えた7回裏済々黌の攻撃。一死一、三塁で打球はショートライナー。飛び出していた一塁ランナーは戻り切れずダブルプレー。しかし一塁ランナーがアウトになる前に三塁ランナーが生還しており、1点入った。三塁ランナーはこのエピソードを知っており、狙ってやったという。実際、5回裏も同じ状況で同じような打球が飛んだときに三塁ランナーがホームに突っ込んでいる。(ダブルプレー成立が先だったのでこの時は無得点。)貴重な駄目押し点が入り、試合は3-1で済々黌の勝利。このような得点は相手にとってショックが大きいため、僅差の試合ではひっくり返すことはかなり難しい。また、中継では1点が入ったことを示すため、スコアボードの得点がアップで映された。カメラマンナイス。アニメ版よりインパクトあった。

関連タグ

水島新司 ドカベン

コメント