ピクシブ百科事典

不知火守

しらぬいまもる

高校生活に悔いあり!!山田、プロで会おう。
目次[非表示]

概要

CV市川治
ドカベン』の登場人物。白新高校→日本ハムファイターズ→アイアンドッグス所属。

山田太郎の終生のライバル。明訓との初対戦時は帽子に隠れている方の左目は失明しており義眼であったが、のちに父親からの移植を受けて両目共に見えるようになった。

1回目・2回目の対戦の時は山田との対戦で速球を投げ込んで敗北した。しかし3回目の対戦の時に「超遅球」(めっちゃ遅いスローボール)を会得してからは山田のことを完全にカモにしており、4回目の対戦の時には山田の前の打者を敬遠して山田を仕留めるなどということもしている。

しかし明訓との対戦は5回に及び、更に3回目以降はほぼ完ぺきな内容で明訓を抑え込んでいるにもかかわらず、ルールブックの盲点の1点とか夏子はんがアイシテルやてとか実力と全く関係ない理不尽な負け方を強制される不幸な人。

岩鬼は不知火を音読みして「フチカ」と呼ぶ。

また、すごくいいやつ。山田の妹・サチ子を自動車から助けたり、フォークを投げられなかったのに、甲子園で対決すると予想された緒方対策の特訓のために覚えたり……。
水島新司お気に入りのキャラクターでもあり、『プロ野球編』以降、作中で最強の投手

イナズマ魔球、ハエが止まる超遅球など、人間のレベルじゃない

なんか知らんけど……探したら腐向けが多かった。

変化球

「不知火は速球投手なのに変化球もいい。球種も多い」(山田太郎、プロ野球編1年目)と言われるように、とにかく変化球が多い。カーブ、シュート、フォーク、超遅球、イナズマが持ち球である。
このうち超遅球は高校時代にどんな球も打つ山田のタイミングを外すために作り出した。その効果は抜群で、指先一つで投げ分けるため、見極めることは不可能で、山田は打てなくなった。またイナズマは、プロ9年目に編み出した。カットボールがダブルで来るような変化をし、山田の打撃を狂わせた。

帽子と右目

帽子の一部が割れて(欠けて)おり、その隙間から右目だけが見える。
前述のように当初は左目が義眼だったため、その点に関連した演出だった可能性があるが、
目の治療をした後も同様の描き方をされている。

本当ならば顔を描くときの角度によって、庇の割れ目と右目の位置が一致しないこともあるはずなのだが、
この点が不知火のトレードマークということもあり、目の位置に合わせて庇の割れ目を描かれる。
このため割れ目の位置は、下記のようになっている。

正面向き:帽子の真ん中よりやや右
右斜め前向き:帽子の右端近く
左斜め前向き:帽子の真ん中よりやや左

pixivに投稿された作品 pixivで「不知火守」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92666

コメント