ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

作詞者:小嶋登/作曲者:坂本浩美
旅立ちの日にとは、合唱曲の一つである。1991年に埼玉県の秩父市立影森中学校の教員によって作られた。作詞は当時の校長で作曲は音楽教諭。卒業ソングの定番として広く歌われている。

経緯

影森中学校の校長が「歌声の響く学校」にすることを目指し、合唱の機会を増やした。その集大成として作った曲である。
出来上がった曲は、教職員たちから卒業生に向けてサプライズとして歌われた。元々はこの1度きりのため作られたはずであったが、その翌年からは生徒たちが歌うようになった。
出来てからしばらくは影森中学校だけで歌われた合唱曲であったが、次第にまわりの小中学校でも歌われるようになった。これが様々な媒体で取り上げられるようになった結果、小中高校の卒業式で定番のように歌われていた『仰げば尊し』『贈る言葉』などを抜き、全国で最も広く歌われる卒業式の歌となった。

関連タグ

合唱曲 卒業 卒業ソング

関連記事

親記事

合唱曲 がっしょうきょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「旅立ちの日に」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150

コメント