ピクシブ百科事典

日高剣介

ひだかけんすけ

村上もとか原作の漫画「六三四の剣」の登場人物。

CV:中原茂

概要

村上もとか原作の漫画「六三四の剣」の登場人物。
主人公・夏木六三四のライバルのひとり。鹿児島出身の剣豪として登場し、その豪剣は六三四、東堂修羅をも凌駕する。鹿児島古来の剣法・示現流に誇りをもち、奥義を極めることを目標とする熱い男。非常に激しい性格で負けず嫌い。

六三四の小学六年生時代に登場。六三四、修羅のチームが早いうちに敗退した全国大会団体戦にて決勝戦にまで進出。鹿児島県代表チームの大将として熊本県代表の有働大吾と激戦を繰り広げるも惜敗。その後、個人戦では準決勝まで勝ち残り、修羅と激戦を繰り広げ延長戦にまでもつれ込むものの使用していた竹刀が彼の剣の強さについていけず惜敗。敗北を認められず、決勝戦終了後、修羅に再戦を申し込んだ後に六三四に対戦を申し込む。一度は拒否されるものの、敗北して涙を流す修羅を嘲弄した為に六三四の怒りを買い、野試合になり、置いてあった他人の竹刀を借りた(アニメでは自身の竹刀を使用)六三四の竹刀を叩き折って勝利する。
このとき、六三四は「借りた竹刀が折れかかっていたから折れた」と解釈したが、そうではなく真実を知るのは六三四が高校生になってからであった。

高校進学後、乾俊一との戦いで彼の左腕を粉砕し、重い精神的外傷を負いスランプになった六三四を、日高たち鹿児島の剣客は待ち受けていた。
ここで日高と六三四は立ち合い、ここでも六三四は充分に手入れした竹刀を叩き折られ敗北、気を失いながら、六三四はかつて竹刀を折られたのが日高の剣の強さにあることを悟った。
鹿児島で六三四は示現流の奥の深さを知り、多くの剣客たちと立ち合う。そして鹿児島での修行の仕上げとして再び日高と立ち合い、紙一重で彼を破った。
日高は「ここで自分は死んだ。もう一度修行して、おまえと立ち合う」と誓い、鹿児島での修行は幕を閉じた。

高校2年のインターハイ決勝、日高と修羅の決勝はこれからの剣道界を担う二人の剣豪の戦いとまわりを納得させたが、二人の若い剣客にとって六三四がこの場にいないことが一番の不満だった。

高校3年のインターハイ、満を持して登場した六三四と準決勝で戦うが、立ち合い中に六三四が乾との戦いで深手を負っていたことを知る。
しかし、日高が手を抜くことはなかった。最強の豪剣で六三四を倒そうとするが紙一重で敗れ、修羅と六三四の決勝戦を見逃さないよう同僚たちに促した。

関連タグ

六三四の剣 夏木六三四 東堂修羅

コメント