ピクシブ百科事典

CV:堀内賢雄

概要

高校時代(アニメで言う『青春編』)から登場した夏木六三四のライバルの一人。
奈良県出身故に関西弁を話す、暗く危険な空気をまとう人物。
剣道の才能と熱意・実力だけは周囲から認められているが、悲惨な過去から形成された本人の性格ゆえに敵が多く、六三四とも激しく対立した人物。

人物像

岩手県の建設会社(実際は…)「乾組」の御曹司だが妾腹。実母から殺されかけ、義姉を除く義母を始めとした家の者からは疎んじられている故に、暗く冷淡で捻くれており目的の為には手段を選ばない危険人物。
中学時代から剣道を始め、六三四のライバルであり親友である東堂修羅からも「天才」と認められる才能を発揮していたが、その頃から修羅をはじめ周囲とはそりが合わなかった。
高校時代は岩手県に移り北陵高校に入学。六三四と新人戦で戦う為に不良との諍いに巻き込まれた六三四達を救うが、新人戦での六三四と激しく対立して諍いを起こす。個人戦決勝戦で六三四と対戦し苦戦させたものの左腕を骨折の末に敗退。逆恨み同然の怨念を抱く一方で、六三四を一時的にスランプに陥らせている。また、六三四の大事な物を奪う為だけに小宮もなみを襲おうとするも拒絶されるが、これが彼ともなみに因縁を産むことになる。
その後、六三四を倒す為に九州に住まう剣の達人・古沢兵衛に弟子入りし二刀流を会得。東京の学校に転校して三年インターハイに出場。
三回戦で六三四と激闘を繰り広げるも、惜敗した。

関連記事

親記事

六三四の剣 むさしのけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「乾俊一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2135

コメント