ピクシブ百科事典

有吉佐和子

ありよしさわこ

有吉佐和子は日本の女流小説家。(メインイラストは代表作の一つ『亀遊の死』の一場面)
目次[非表示]

概要

1931年(昭和6年)1月20日生まれ。和歌山県出身。
何度か映像化されている『不信のとき』をはじめ、『悪女について』など様々な名作を世に残す。
1984年(昭和59年)8月30日、逝去。享年53。

テレフォンショッキング』テレビジャック

有吉佐和子を語るが故で忘れてはいけないのが『笑っていいとも!』の『テレフォンショッキング』を独占した事件である。
1984年6月22日に出演した有吉は、長話や観客に歌を歌わせるなどしてやりたい放題。
それゆえに雑談コーナーが潰されると危機感を募らせたのか、明石家さんまが「帰ってよ!」と言ってやめさせようとした事も。
…というのは実は台本通りであり、これについては娘である有吉玉青らが証言している。

関連タグ

小説家 笑っていいとも! テレフォンショッキング

pixivに投稿された作品 pixivで「有吉佐和子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 348

コメント