ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:金田朋子(ドラマCD版)/牧野由依(アニメ版)


概要編集

少女部隊」と呼ばれる戦闘部隊の一人でセツナと共に行動することが多い。

スリーサイズは、B71・W56・H77。フェイバリットパンツはくまさん

性格天真爛漫でかなり天然漢字を読むことができない。「んい!」が口癖ブレイドからは「未央たん」と呼ばれている。

ブレイド達に敵対心はさして無いらしく、彼らとの戦闘時は戦っているというよりも遊んでいるような素振りであった。


見た目は幼いが、「力」の能力を備えている上、悪気無く周りの物を破壊することがあるためかなり危険。

ただし、崖から落ちそうになったクルスやBQを倒すなど、頼もしい一面も。


活躍編集

原作漫画版編集

第2部では、主人公となったクルスの最初の仲間となり、イヴ・ノイシュヴァンシュタインも病院で入院中であるためか、ほぼヒロイン的な扱いとなっている。


ブレイドとアークライトの戦いによる大爆発でセツナたちとはぐれてしまい、偶然近くに倒れていたクルスを介抱していた。

その後、ぬいぐるみの補修に付き合わせることを条件に、彼がブレイドと再会できるまで同行することを約束する。

現在では彼を「山田」ではなく本名の「クルス(君付け)」で呼ぶ数少ない一人となっている。


後にクルスとブレイドが無事合流し、当初の協定は達成されたが離脱の素振りを見せていない。

また、クルス達を守るためとはいえシメオン関係者に攻撃を仕掛けるなど、少女部隊の一員としては、「裏切り者」に等しい非常に危ない橋を渡っている。


未央がここまでクルスに協力していたのは、第1部におけるシメオンビル爆発の際に何者かがクルスを助けていたのを目撃したからであり、その時クルスを助けたのが「天使様」であると確信している。

セツナや梔とは異なり、シメオン製薬やシティへの忠誠心や執着は低く、ブラックスポットで生きていくことにも不満はもっていない。


シメオンへの帰還後、天使様に助けられたクルスを死なせてはならないという漠然とした確信から、既に身体機能が停止していた照山最次の死体を担いで独自に行動を開始。

偶然にも自分の元に飛び込んできたエデンズシードの槍を使って、照山の復活に成功させ、彼と共に、クルスを抹殺しようとしたセツナと梔の前に立ちふさがった。


アニメ版

終盤において、第2のザ・セカンドと化したアークライトが「特殊な能力を持つ者は神(自分)以外に必要ない」としてブレイド一派だけでなく、少女部隊とシメオン四天王のアルカ・シルトまで手に掛けようとしたため、クルスが立てた作戦にセツナ、梔、アルカと共に協力し、暴走したアークライトの打倒に貢献した。

最終決戦後は、生き残った少女部隊のメンバーと共に「喫茶サイコキネシス」を開店している。


能力編集

「力」(パワー)

その名の通り力の能力。

鉄筋を軽々と持ち上げたり世界で最も重いとされるオリハルコンを持つことができる。


・未央ちゃんパンチ/未央ちゃんヒップアタック/未央ちゃんキック

力の能力で放たれる攻撃

敵を一撃で吹き飛ばす。


・未央ちゃん剛速Q

超重量を持つ巨大ヌイグルミを敵に向かって放り投げる。


・未央ちゃんヒップスタンプ

超重量を持つ巨大ヌイグルミを抱えて敵の上に落下して押し潰す。

ブレイドを違う意味で昇天させた。


・未央ちゃんスラッシュ

巨大な鋏を振り回し攻撃する。


・未央ちゃんけろけろロケット

カエルのような姿勢で屈み込んだ後、跳び上がって頭から突っ込む。


・未央ちゃん背負い投げ

ジャーマンスープレックスである。


関連イラスト編集

未央


関連タグ編集

NEEDLESS

関連記事

親記事

NEEDLESS にーどれす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1537

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました