ピクシブ百科事典

未来ガジェット研究所

みらいがじぇっとけんきゅうじょ

xbox360&PCゲームSteins;Gate(シュタインズゲート)において、主人公の岡部倫太郎が主催するサークルの名前。
目次[非表示]

内容

秋葉原の大檜山ビル2Fに居を構えており、主に秋葉原で売られている・捨てられているジャンク品を拾ってきては改造し、未来ガジェットと称してHP上で販売している。
ラボメンである橋田至の趣味でX68000と最新PC(恐らくゲーミング)が配備されている他、インターネット環境、ドクターペッパーで一杯のミニ冷蔵庫、電子レンジ(後の未来ガジェット8号)、シャワー室がある。
エアコンがないため、夏は窓を全開にして扇風機を回さないと熱気がこもってしまう。


公式HP

「無題ドキュメント(未来ガジェット研究所)」

Web日記全盛期に戻ったかのようなサイト構成が特徴。
一応カウンターや掲示板、リンクなどひと通りの体裁は整っているが、どれもこれも機能はしていない。文章や巧拙から見ても橋田がラボメンになる前に、岡部自身が立ち上げたものだろう。未来ガジェット一つ一つに註釈がついており、岡部のチキンさがほのかに見える。

未来ガジェット一覧

No.名前説明
一号ビット粒子砲おもちゃの光線銃+リモコン。電源のON/OFFを格好良く行える。切替や音量などの機能は無いスタイリッシュな形。
二号タケコプカメラーCCD(超小型カメラ)を竹とんぼの形にしたもの。電気的な動力なしで空中撮影が行える!
三号もしかしてオラオラですかーッ!?親指の発汗の多寡により嘘を見抜く装置。とあるラジオでは精度が問題視されたが…。
四号モアッド・スネーク多数の伝熱コイルにより中に入れた水を一瞬で蒸発させる瞬間加湿器。あまりの強力さにラボ内で使用すると霧で覆われたようになる。
五号またつまらぬ物を繋げてしまったby五右衛門掃除機の排熱風を利用したドライヤー。ドライヤーの分の電気代を消費することがないので非常にエコである。
六号サイリウム・セーバー発光塗料を含んだ血糊を使ったサイリウムに、振りやすいよう柄をつけたもの。チャンバラで使うとお互いに血糊まみれとなりとてもリアル。
七号攻殻機動迷彩ボール6型ブラウン管TV×12台を3D状に組み合わせ、隙間を埋めるように超小型C-MOSカメラを配置、反対側の景色を写せるようにした物。機関のエージェントがこのオブジェクトに隠れていたとしても、反対側から丸見え、というわけだ。もともと置くなというツッコミは不要だ。
八号電話レンジ(仮)電子レンジに携帯電話を組み合わせ、帰宅前に食べ物を温められるようにした画期的な作品。現在改良中。

※ここまでは全て岡部倫太郎こと鳳凰院凶真と、その右腕でありスーパーハカーである橋田至の制作物

未来ガジェットの活用

基本的に既存のものを組み合わせることで開発されるため、中途半端で使いにくい物が多い。一号のビット粒子砲はリモコンのオン・オフしか操作できず、八号の電話レンジ(仮)はわざわざ温めたい食品をセットしてから外出する必要があり、夏場の使用は危険がつきまとうような代物である。総じてガラクタと見られても仕方がない。

しかし一方で、思いついた物をすぐ形にするというプラグマティズムな行為は評価すべきであり、岡部自身が言う通りセレンディピティが得られる可能性もある。牧瀬が加わることでもしかしたらグッドデザイン賞を狙えるようなものも誕生するかもしれない。公式画集の傘と釣り針を合わせたような新・未来ガジェットを見る限り、未だ迷走は続いているようだが…。


格闘ゲーム「ファントムブレイカー」にて牧瀬紅莉栖が武器として使用しているが、元の未来ガジェットとは出力や使い方が異なっているため、改造を施したものと思われる。


比翼恋理のだーりんにおける未来ガジェット

Attention!

これよりネタバレにつき注意






 岡部倫太郎はDメールを異常に繰り返した結果、3%以上もの計測値を誇る「比翼恋理のだーりん」世界線に突入した。この世界線では岡部率いるラボメンが勢ぞろいしており、岡部の記憶には無いが未来ガジェット研究所の運営費を捻出するため、橋田と牧瀬に新未来ガジェットの製作を指示している。新未来ガジェットは以下の通り。

九号泣き濡れし女神の帰還(ホーミング・ディーヴァ)ビニール傘にGPS機能をつけた未来ガジェット。これでどこに置き忘れても探知可能だが、開閉スイッチがGPS発信スイッチと連動しているため、まず開閉されない事には探知できない。GPS連動部分だけ販売しろよとか切ないツッコミはしないこと。
十号びっくりメガネちゃんメガネに録画装置を取り付けたどこぞの密林でも売られていそうなアレ。レンズ部分に録画装置から送られた画像を3Dとして投影する。ほぼ現実の風景と変わらないが、視線を隠しながら周囲の状況をチェックする事が可能だ!
十一号バーローのアレコーラにメントスを投入すると化学反応により短時間で大量の炭酸を発生させることができる。これを利用し、スケートボード下部にペットボトルのコーラを設置し、メントスをいつでも投入できるようにして、爆発的な推進力を得るスケートボードの開発に成功した。使う場所には注意するのだぞ!
十二号ダーリンのばかぁ!牧瀬紅莉栖作。二つ一組の腕輪の形をしている未来ガジェット。装着した者同士の脈拍や血圧、発汗などをモニターし、激昂したり嘘をついたり1m以上離れたりするとお互いに電流が流れる仕様。お互いのバイオリズムが一致するか、装置の電池が無くなると外れる。試作段階のため、強制的に外すマスターキーなどはない。
十三号(名前なし)牧瀬紅莉栖作。ヴィクトル・コンドリア大学のヴァーチャル・リアリティー技術を応用したもの。イメージをデータ化し、ケータイの電波によって相手へ幻覚を上書きする。電話レンジもといタイムリープマシンと酷似しているといえる。また、脳内の映像をHDDに記録する機能もある。
十四号(仮)(名前なし)橋田至作。アナログ電波をジャックし、アナログTVに指定した映像データを放映する未来ガジェット。ジャックする時間をタイマーによって決定する事が出来る。もちろん通常の電波ジャックは違法行為だが、この鳳凰院凶真のメッセージを世に送り届ける事に、どんな違法性を見出すというのだ?


関連リンク

Steins;Gate 岡部倫太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「未来ガジェット研究所」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139010

コメント