ピクシブ百科事典

松平不昧

まつだいらふまい

十六島海苔で作った着物を着た伝説がある茶人。
目次[非表示]

1751-1818

概要

出雲松江藩主。本名は松平治郷
17歳で襲封、1806年に到仕。実質的に治郷が藩主として政治を行ったのは、晩年10年間であった。
一方治郷は若くして茶を石州流の伊佐幸琢に学び、一般に不昧流と呼ばれる茶風をつくったことで知られる。
名物茶器を研究、大名物、名物、中興名物に分類した「古今名物類聚」を著した。

関連動画


関連タグ

江戸時代 島根県 茶道

pixivに投稿された作品 pixivで「松平不昧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント