ピクシブ百科事典

柴田泰樹

しばたたいじゅ

柴田泰樹とは、連続テレビ小説『なつぞら』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

柴田牧場のオーナー。富士子の父親で、剛男の義理の父。偏屈で頑固性格病気亡くした後、男手一つで富士子を育てた。

なつにとって実の祖父のような存在で、『大好きなじいちゃん』で『誇り』である。


明治35年(1902年)、18歳の時に一人で十勝に入植。最初は荒地を切り開き、稲作を試したがうまくいかず、代わりに酪農を始めた。

偏屈で無愛想に見えるが、情の深い人物。柴田家にやって来たなつの孤独と苦しみを見抜き、なつが家出したときには、家族になつの気持ちを代弁した。

なつが柴田家の人たちと通じ合い、心を開いたあとは、なつの最大の理解者となる。
なつの願いを聞き、仲間たちに声をかけて、山田天陽の家族を助けて開墾を手伝ったり、天陽に馬を贈ったり、面倒見のよさを見せた。
なつを訪ねて柴田牧場にやって来た千遥にも優しく接し、千遥にとっても実の祖父のような存在になった。

なつを実の孫のように可愛がるが、柴田牧場を継がせたい思いから、照男となつを結婚させようとする。照男は困惑するが、なつは妹としか見れないと断る。そのことを知ったなつはショックを受けて傷つくが、すぐに和解した。

やがて、なつがアニメーターになるために上京したがっていることを知り、なつが離れることを悲しく思うが、なつの夢を聞いて、力強い励ましと共になつの背中を押す。

その後も、北海道からなつを見守り、なつが多忙なことを知ったときは富士子になつを助けるように言って東京に行かせるなど、遠くからなつを支えていた。

なつにとって、泰樹の存在や生き方は、なつ自身の人生や作品に多大な影響を与えた。


2019年11月2日に放映された特番「なつぞらSP 秋の大収穫祭」内で放映されたスピンオフドラマ「とよさんの東京物語」と「十勝男児、愛を叫ぶ!」では、すでに死んでいることが語られていた。



人物

頑固で偏屈な性格。厳しい態度をしているが、面倒見はよく、自分が認めた者には優しさを見せる。

実は大の甘党。家族に秘密にしていたが、なつの家出の一件で、やがて周囲にも知られるようになった。駆け落ちをして東京に来た夕見子を迎えに来たときには、東京まで来た理由の一つとして『パフェを食べたかった』と言っていた。

『アルプスの少女ハイジ』のアルムおんじに似ていることから、ファンからは『泰樹おんじ』と呼ばれている。




余談

泰樹を演じる草刈正雄と、泰樹の昔馴染みの小畑とよを演じた高畑淳子は、『なつぞら』の演出チームも多数参加していた大河ドラマ『真田丸』で夫婦役として共演していた。作中ではそれを思わせる掛け合いが見られる。


関連イラスト

アイスクリーム
なつぞら絵(1


なつぞら絵(2
今日の「なつぞら」!


なつぞら4話は神回
柴田泰樹(草刈正雄さん)


なつぞら
なつぞら 個人的な今週のがんばった大賞!




関連タグ

なつぞら 小畑とよ 連続テレビ小説 アルムおんじ

関連記事

親記事

なつぞら なつぞら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柴田泰樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント