ピクシブ百科事典

核の占い師、ジン=ギタクシアス

かくのうらないしじんぎたくしあす

これは目的ではなく過程だ――完全なファイレクシアを創るための過程なのだ。
目次[非表示]

概要

青マナに列する派閥“発展の動力源”を率いる新ファイレクシア法務官
かつての機械の始祖、ヨーグモスに関する知識を持ち、その狡猾さや視野を評価する一方、彼の思慮が足りなかったために失敗したとも考えている。
策略や思想、目的や手段などに対して柔軟な考えを持っており、その派閥の元では、複数の学派があらゆる方向での研究を行っている。また、多元宇宙の存在を認識しており、他の次元をファイレクシア拡大のための資源とみなしている。

カード性能

マナコスト(8)(青)(青)
カードタイプ伝説のクリーチャー — 法務官
パワー/タフネス5/4
瞬速
あなたの終了ステップの開始時に、カードを7枚引く。
各対戦相手の手札の最大枚数は7少なくなる。


ちなみに瞬速とは、「あなたはこのカードを、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでもプレイしてよい。」を意味する。
マナコストは10マナと非常に重いのだが、サイズは5/4と他の大型クリーチャーと同程度で割に合わない。
その代わりターンの終了時に7枚ドロー可能、そして対戦相手の手札の上限を(通常の場合)7-7=0枚にする。後者の効果は先で述べた瞬速を活かして対戦相手のターン終了ぎりぎりに出すと強制的に手札を捨てさせることが出来る。自分ターンに出しても大量ドローは可能なので元は取れる。正にドローの鬼。
ただし、先で述べたように10マナという高すぎるマナコストをどうするか・・・

関連項目

MTG ファイレクシア

pixivに投稿された作品 pixivで「核の占い師、ジン=ギタクシアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2018

コメント