ピクシブ百科事典

楊令

ようれい

『北方水滸伝』の登場人物、及び『楊令伝』の主人公。

概要

【北方水滸伝】
目の前で両親を殺され、喋ることもできなかったところを楊志に拾われる。この時、楊志の青痣と同じ位置に火傷を負う(北方水滸伝では他の水滸伝の楊志とは逆に青痣が描かれているため左右どちらかについてはPxive内でも揺れがある)。
林冲や鄭天寿、秦明などの愛情を受け、王進に鍛えられ育つ。能力、性格共に非の打ちどころがなく、それを不安視する者もいた。
しかしその一方で楊令伝では料理下手が明かされる他、北方水滸伝でも王母の帯を決められず張平の主張するがまま買うなどセンスに難のある事象もあるようだ。1097年生まれ又は1098年生まれとされている。身長175cm、体重65kg(梁山泊加入時)。楊令伝で再登場した際には更に成長しているといわれている。綽名は青面獣。

【楊令伝】
※ネタバレ
新生梁山泊頭領。幻王を名乗り、阿骨打が率いる金に協力していた。宋江から託された旗を継ぐ。北の地で殲滅を行い、自身も悩み苦しむが、梁山泊帰還後は明るさを取り戻していく。親子の健気な姿を見ると楊志の死がフラッシュバックし、半狂乱で敵陣へ飛び込んでいたが、後に克服する。連載終了後に開催された「楊令伝」キャラクター人気投票では1位。 綽名は青鶻鬼、後に幻王。



関連タグ

北方水滸伝 楊令伝

pixivに投稿された作品 pixivで「楊令」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3153

コメント