ピクシブ百科事典

死ねば助かるのに

しねばたすかるのに

『アカギ~闇に降り立った天才~』で発せられたセリフの一つ
目次[非表示]

麻雀漫画『アカギ~闇に降り立った天才~』において主人公アカギが発したセリフの一つ。

概説

『アカギ』という漫画において、アカギが最初に言い放った第一声である。
最初からエンジン全開過ぎやしませんかねぇ……

状況

南郷はヤクザに多額の借金をしてしまい、今日の麻雀に勝てば借金は温情帳消し、負ければ生命保険で支払い(≒死んで保険金で返済)という、まさに崖っぷちに立たされていた。
しかし死を恐れるあまり強気の勝負に出られない南郷は、ズルズルと負けを重ね、ここで大きな役を出さなければ敗北を覆せない局面まで追い詰められてしまう。

そんな南郷のいる雀荘に、チキンレースの帰りで警察に追われていたアカギが闖入してくる。
突然の来訪者に動揺する一同だったが、追い詰められた場の雰囲気を変えたかった南郷はとっさに「自分が呼んだ」と藁にもすがる思いでうそぶき、少年アカギを自分の後ろのベンチに座らせた。
そして勝負も最終局面、南郷にこれまでにない絶好のチャンスが訪れるが、同時に切るべき牌が相手の和了に繋がる危険もあると考え、無難な手に逃げようとする。
その時――

死ねば助かるのに…

後ろにいたアカギの一言に、南郷は手を止めて問いただす。

「お前…麻雀わかるか?」
「いや全然。ただ今気配が死んでいた。背中に勝とうという強さがない。ただ助かろうとしてる。
  博打で負けの込んだ人間が最後に陥る思考回路。あんたはただ怯えている。」

この一言を聞いた南郷は弱気になった自分を捨て去り、一か八かの勝負に打って出る。
結果、見事に自分の手は通り、最後に逆転勝利を掴んで自分の命をつなぐことに成功する。

意味

響きからネガティヴな感じを受けるが、実際は上記のように「負けて死ぬことを恐れていては勝機は無い。助かろうと必死になるのではなく、全てを受け入れて勝負すべき。」という意味合いである。

二次創作では

ただ、pixivでは「諦めて死んじゃえば楽になれるのに」的な意味合いで用いられている事もある。

関連タグ

アカギ~闇に降り立った天才~
麻雀 台詞 名台詞
赤木しげる 南郷

pixivに投稿された作品 pixivで「死ねば助かるのに」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3794

コメント