ピクシブ百科事典

殺せ、ロシア人だ

ろしあごげんきん

殺せ、ロシア人だとは、スクウェア・エニックス発売の日本語版『CoD:MW2』に登場する誤訳。
目次[非表示]

概要

スクエア・エニックス発売の日本語版『CoD:MW2』に登場する誤訳。
空港襲撃ミッション「No Russian」冒頭でロシア人テロリストのボス、
マカロフが発する台詞及び字幕。

北米版での原文は「Remember - no Russian.」
「ロシア人は不要」という意味で誤訳したものと思われ、直後にロシアの空港で虐殺を
行うため、これだけならさほどおかしい訳ではない、むしろこの一瞬なら自然とも取れる。

しかし、このステージを最後までプレイすればロシア人テロリストが正体を隠すために
いいな、ロシア語は禁止だ」と言い聞かせている意味で受け取れる。

しかも伏線つぶしの酷い訳というだけの話では済まず、日本語版では
虐殺描写に修正が入った結果、プレイヤーがセリフの指示通りに
無抵抗のロシアの民間人を殺すとゲームオーバーになる、しかも
反撃してくる警備員を無視するなどすると「臆病者」と味方に殺される
初見のプレイヤーに二重トラップを廻らせるアルテマウェポンと化した。

ちなみに、このミッション直前のブリーフィングムービーでも
ミッションそのものに対する重大なネタバレが含まれている。

潜入させるために様々なものが犠牲になった、

「君も対価を君自身から支払うことになるかもしれない」=死ぬかもしれないというのを
様々なものが犠牲になった、「君もその犠牲に含まれるがな」=死ぬよ
(「」部が原文直訳/誤訳部、他は要約してある。)としてしまった。
恐らく「"ジョセフ・アレン"という身分も犠牲に含まれる」という文意なんだろうが・・・

こうして「No Russian」は残念な出来のミッションになってしまった。
唯一の救いはタイトルまで邦訳しなかったことか。

このゲームには他にも意味が正反対になる誤訳が山のようにあり、
もはやネタとして確立しているといえるかもしれない。
誤訳の山は開発と同時にローカライズが進められたために翻訳後にシナリオが
変更になるということも起きていたことに加え、情報流出を恐れて絵や映像等の資料は
一切渡されず、字のみの英語のテキストだけがスクエニに渡されたため
どのような状況での発言かが一切分からずに翻訳する羽目になったという
環境の問題でもあるが。スクエニによると、一応は
アクティビジョン(Infinity Ward)側に翻訳を確認してもらったとのこと。

CoD:MW3』同じシーンが回想として登場した際は
この誤訳は修正され、本来の「いいか、ロシア語は使うな」となっている。

待ちに待ったMW2自体の修正

CoD:MW2リマスターでは発売前は字幕だけ修正して音声はMWRと同様に
英語音声日本語字幕になるのではないか、と思われていたがなんと
まさかのMW2当時の担当声優をひっさげ
「いいか、ロシア語は使うな。」と修正されることになった。
他の誤訳も荒野のウエスタンが無法地帯、レンジャーが道を拓く!行け!が
レンジャーが道を拓くだろう!行け!等に吹替音声付きで変更された。

※「あのミグのところへ行け!」だけは修正されなかったとされているが、実はオリジナル版時点から誤訳ではなく、「Roach! That MiG is about to blow, get ready to make a run for it!(あのミグが爆発したら走れ!)」とは別に「Head for that MiG, I'll cover you!」と言っており、ミグが爆発する前にソープが言うので従うと爆発に巻き込まれてしまうという台詞のタイミングも変更されていない。

ちなみに人質を撃ってはいけない規制は日本やドイツで継続され、
元のMW2はロシアではキャンペーンを削除することで発売禁止を避けたが
MW2Rでは丸ごと販売禁止となってしまった。

関連タグ

焼け野原ひろし(このセリフを発したマカロフのこと。ただしMW2の次点ではひろしではない)
インド人を右に
荒野のウェスタン
チャーリーは波に乗らない

関連記事

親記事

CoD:MW2 こーるおぶでゅーてぃもだんうぉーふぇあつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「殺せ、ロシア人だ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15790

コメント