ピクシブ百科事典

河北の大地

かほくのだいち

2012年春~秋にかけて発表される予定の小説。「全世界が危機にさらされた世紀」を舞台に、「人の中に潜む汚さ、狡さ、それに打ち勝つ愛」がテーマとして設定されている。
目次[非表示]
  • 1 河北の大地 あらすじ
  • 1.1 全世界を巻き込んだWWF(World War Final)の生存者の一人、甲斐河南(かい かなん)はFFWの首謀者を探っていた。だが、ある日、そんな彼女の周囲で異変が起こる。大人が次々と倒れていく、その中で一人彼女だけは生き延びる。真相を探求していくうちに、彼女がたどり着いた答えとは。そして彼女の正体は・・・
  • 2 河北の大地 用語説明
  • 2.1 WWF(World War Final):四半世紀にわたって世界に遺伝伝達物質が拡散され、25歳以上の人間に発現した精神病によって世界の全人口の3/4が犠牲になった戦争。この戦争では首謀者による抗遺伝伝達物質により生存させられた人々によって世界を制圧するために繰り広げられた、「静かな戦争」であった。
  • 2.2 遺伝伝達物質:遺伝、食物連鎖、大気感染、触媒によって、ありとあらゆる角度から人体に感染させることが可能な物質。情報を埋め込むことが可能であり、人体にに発現させる時間を設定することが可能である。
  • 2.3 7つの島:瑠卯宮(るうく)、院(いん・九院 くいん)、九兎(くっと)、金求(きんぐ)、日三瀬(びみせ)、圃園(ぽうえん)、圃御(ぽうおん)。WWF首謀者によって作られた生存者のための島。院が中心にあり、その周りに6つの島が点在する。
  • 3 登場人物
  • 3.1 甲斐 河南(かい かなん):主人公。幼いころに姉・河北と母・椎と生き別れる。父と過ごした記憶がなく、九兎の孤児院で暮らしている。
  • 3.2 甲斐 河北(かい かほく):河南の姉。幼少のころ院に仕えさせるために院の人間によって拉致される。
  • 3.3 甲斐 椎(かい しい):河南と河北の母親。河南と河北の名付け親。
  • 3.4 ノエル・ノエル:院の頂点でWWF後の世界を支配している男性。兄・メロウ・ノエルを院から追い出し独善的な支配をする。
  • 河北の大地 あらすじ

    全世界を巻き込んだWWF(World War Final)の生存者の一人、甲斐河南(かい かなん)はFFWの首謀者を探っていた。だが、ある日、そんな彼女の周囲で異変が起こる。大人が次々と倒れていく、その中で一人彼女だけは生き延びる。真相を探求していくうちに、彼女がたどり着いた答えとは。そして彼女の正体は・・・


    ひとごととは思えない、静かな戦争の裏に隠された一組の夫婦と一人の男の悲しい過去。人と人の灰に埋もれた静かな真実は、静かに彼女の精神を蝕んでいく。


    河北の大地 用語説明

    WWF(World War Final):四半世紀にわたって世界に遺伝伝達物質が拡散され、25歳以上の人間に発現した精神病によって世界の全人口の3/4が犠牲になった戦争。この戦争では首謀者による抗遺伝伝達物質により生存させられた人々によって世界を制圧するために繰り広げられた、「静かな戦争」であった。


    遺伝伝達物質:遺伝、食物連鎖、大気感染、触媒によって、ありとあらゆる角度から人体に感染させることが可能な物質。情報を埋め込むことが可能であり、人体にに発現させる時間を設定することが可能である。


    7つの島:瑠卯宮(るうく)、院(いん・九院 くいん)、九兎(くっと)、金求(きんぐ)、日三瀬(びみせ)、圃園(ぽうえん)、圃御(ぽうおん)。WWF首謀者によって作られた生存者のための島。院が中心にあり、その周りに6つの島が点在する。


    登場人物

    甲斐 河南(かい かなん):主人公。幼いころに姉・河北と母・椎と生き別れる。父と過ごした記憶がなく、九兎の孤児院で暮らしている。


    甲斐 河北(かい かほく):河南の姉。幼少のころ院に仕えさせるために院の人間によって拉致される。


    甲斐 椎(かい しい):河南と河北の母親。河南と河北の名付け親。


    ノエル・ノエル:院の頂点でWWF後の世界を支配している男性。兄・メロウ・ノエルを院から追い出し独善的な支配をする。


    メロウ・ノエル:ノエル・ノエルの兄。WWF前はノエルとともに暮らしていた。世界を支配しようと企むノエルに命を狙われ日三瀬に亡命する。

    コメント