ピクシブ百科事典

無学祖元

むがくそげん

南宋・明州慶元府(浙江省寧波市)出身の僧侶。後に日本に帰化し円覚寺を開山。
目次[非表示]

概要

嘉禄2年(1226年)~弘安9年9月3日(1286年9月22日
弘安2年(1279年)に鎌倉幕府第8代執権北条時宗の招きにより来日し日本帰化蘭渓道隆遷化後の建長寺住持となる。
元寇後の弘安5年(1282年)、時宗によって建立された円覚寺開山となる。
弘安9年9月3日(1286年9月22日)、建長寺にて61歳で示寂

臨刃偈

祖元がまだ南宋にいた1275年、元軍が南宋に侵攻してきた。当時、温州の能仁寺に避難していた祖元は元軍に包囲される。祖元は臨刃偈を詠み、元軍を撤退させたと伝わっている。

莫煩悩

2度目の元寇・弘安の役を間近に控えた弘安4年(1281年)、祖元は時宗に『莫煩悩』(煩い、悩むことなかれ)との書を与えた。その上で「驀直去」(まくじきにされ)と伝え、「驀直に前へ向かい、回顧するなかれ」と伝えた。このエピソードはのちに『驀直前進』という故事成語となった。

関連項目

鎌倉時代 僧侶 円覚寺 建長寺 北条時宗
筒井康隆・・・NHK大河ドラマ北条時宗』での祖元役。初登場は時宗が元の使者を斬首に処した直後で北条一門の長老・時広の紹介で時宗と出会い、時宗にある重大なことを知らせた

pixivに投稿された作品 pixivで「無学祖元」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52

コメント