ピクシブ百科事典

焼きおに斬り

やきおにぎり

焼きおに斬りとは、妖怪ウォッチに登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

「焦げちまうぜ?」

概要

CV:浅利遼太

No018
ランクA
種族イサマシ族
属性
好物おにぎり
スキル(通常)鬼斬り(鬼に与えるダメージがアップ)
スキル(元祖)防火壁(全ての火属性のダメージを受け止める)
こうげき閃光ぎり
ようじゅつ火炎の術
必殺技焼き鬼斬り(大きく飛び上がり、敵1匹に思いきり刀をたたきつける)
とりつくお米の力(おいしいお米のパワーで、ちからがアップする)
火属性のダメージを大きく軽減する

おにぎり侍がこんがり焼けて、焼きおにぎりに進化した。鬼を焼く炎の刀を持つ。この姿はお肌が固いので、ひも爺には不評らしい。(妖怪大辞典より)

おにぎり侍(腕前は普通だが鬼に強いとされる)」がLV31で進化する。
こんがり焼けた事で天敵ひも爺を退けるほど一回り強くなったおにぎり侍。笠を被り、炎をあしらった黒い着物と青い外套を着ている。スキル違いは進化前と同じくたらこ鼻。
使用する刀は刀身そのものが炎であり、これで鬼を文字通り焼き斬るのである。

ストーリー第8章「妖怪大合戦」では本家軍の本陣防衛隊長を務めている。
しかし、その正体はトキヲ・ウバウネの計画により潜入していた怪魔であった。

アニメ

初登場は第116話「お仕事シリーズ『妖怪消防隊』」から。口癖は「焦げちまうぜ?」
コマさん隊長率いる妖怪消防隊のメンバーで炎刀を常備している(銃刀法違反にならないかそれ?)。

色々トラブルが起きて火災訓練の出動に遅れたせいで建物が炎上し、一般人役のウィスパーが大ピンチ。一刻も早く消火するため、メラメライオンあつガルルと共に建物向かって炎の特攻。建物を破壊して強引に消火した。江戸時代ならまだしも現代の社会でこんなことやったら解雇は免れないだろう。

関連タグ

妖怪ウォッチ イサマシ族 焼きおにぎり おにぎり侍

無敵将軍(燃える剣つながり)
ロロノア・ゾロ(同じ名前・同じ『燃える斬撃』の必殺技を持っている。『鬼斬り』に至っては全く同名。)

pixivに投稿された作品 pixivで「焼きおに斬り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10456

コメント