ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

王進

おうしん

王進とは、「水滸伝」の登場人物。物語上、高俅による最初の犠牲者。

概要

八十万禁軍の武術師範だったが、昔彼の父親に棒術を習って打ち据えられた男(高俅)が出世した時に因縁をつけられたので仕返しを恐れて母親と一緒に都を脱出する。

逃走中に史家村の大旦那の家に滞在することになり、その礼として家の息子史進に武芸十八般を教えた。

史進がそれぞれの奥義を極めて熟達したのを見ると母親と共に延安府に旅立った。


その後彼は物語に登場しない。

人づてに延安府の経略使に仕官できたらしきことを聞けるが、王進を追って村を出た史進と再会した様子はない。


水滸伝100回本の続編として書かれた水滸後伝(当然、史進らが死亡したあとの話)では、梁山泊残党の仲間入りをする。


関連タグ

水滸伝

水滸後伝

AKABOSHI-異聞水滸伝-

北方水滸伝

関連記事

親記事

水滸伝 すいこでん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4093

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました