ピクシブ百科事典

魯智深

ろちしん

中国文学・「水滸伝」における主要登場人物。
目次[非表示]

概要

本名は魯達(ろたつ)。天孤星の生まれ変わりで、序列は梁山泊第十三位。花和尚(かおしょう)と言うあだ名があるが、「花」は刺青の事。全身に刺青があったことが由来である。メイン画像のような太った体型とヒゲ面が特徴。トレードマークは得物の杖。

暴れん坊役人

魯達(出家前なのでこう呼ぶ)は、渭水経略府と言う街の提轄(警備業務を行う役人)として登場する。山賊と関わったことで亡命を余儀なくされた史進と茶店で出会って仲良くなり、彼の先生でもあった李忠を無理やり誘って酒盛りをしていた「潘料亭」で泣いている父娘に出会う。金翠蓮と名乗った娘に事情を聞いてみると、鄭と言う肉屋を経営する富豪から因縁をつけられて困っているのだと言われる。

それを聞いて同情した魯達は金翠蓮と彼女の老父をかわいそうに思い、史進と李忠にもお金を出して貰って二人を逃がす。さらに、妨害してきた宿屋の店員を張り飛ばした上で肉屋に乗りこみ、「お主の手で赤身・脂身・軟骨を切り刻んでおくれ」と鄭にうるさく注文をして困らせ、時間稼ぎを行う。腹を立てた鄭が包丁を振り回すと魯達は素手で応戦、鼻・目・こめかみに一発ずつ鉄拳制裁を行った結果、相手はとうとう死んでしまった。誰も差し入れをしてくれない身である魯達(※1)は逃亡を決意する。

出家と騒動

代州と言う町についた魯達は、字が読めない(※2)ので立札の前でお触れを読んでいる人の群れに入ると、自分を呼び留める人がいた。金翠蓮の父で、立札には魯達を指名手配するお触れが貼ってあったのだった。新天地に辿り着いた金老人は知人が仲人をしてくれたおかげで娘が趙と言う富裕な男性の側室になり、長者義父として楽しい老後を過ごしていた。恩返しをと願う金父娘と、魯達を慕っていた趙の勧めで彼は五台山で出家し、『魯智深』と名乗ることとなる。

だが、魯智深は俗人時代の癖…酒好きで喧嘩っ早い性格が抜けきらなかった。一度目は寺院にお酒を売りに来た農民に暴行して酒を奪い、二度目は犬肉(※3)をアテにして大酒を飲んで大暴れ、いずれも寺の門番や僧侶に手ひどい怪我をさせている。それには住職の智真長老も庇いきれず、とうとう魯智深を東京開封府(とうけいかいほうふ。北宋の首都)の寺へと追放・左遷することとなった。なお、トレードマークの杖はこの時、剣と共に五台山近郊の職人に作ってもらったもの。

道中、村長の娘を嫁によこせと迫って来た桃花山の盗賊周通を懲らしめ(※4)、その周通の兄弟分になった李忠との再会、気の毒な僧侶や村娘をいじめていた悪辣な行者コンビを史進とのタッグで倒す活躍をする。

林冲との出会い

魯智深は、辿り着いた大相国寺の菜園でいたずらをするチンピラをやっつけて改心させる。酒席で柳を引き抜き、六十二斤(約37㎏)の杖を振り回す怪力を見せたところ、林冲と意気投合する。林冲が妻に横恋慕した高御曹司(高俅の養子)によって陥れられた時、護送役の薛覇と董超の悪巧みを見破って林冲を流刑地に送り届けた。以後、魯智深と林冲は無二の親友となって義賊としての生涯を歩んでいく。

その後、高家の追撃を受けたので菜園を燃やして逃走。二竜山に辿り着くも妨害してきた地元の山賊坊主・鄧竜を曹正楊志と結託して撲殺し、寺と山を山塞として頂戴してしまう。二竜山の賊を頼って来た武松施恩の義兄弟、追い剥ぎ酒屋(※5)を営む夫婦で以前に魯智深を襲おうとした縁で出会った張青孫二娘も合流し、魯智深は一大勢力を築く。

梁山泊入り、そして寂滅

一見すると梁山泊と縁もないように見えた魯智深だが、転機はある時に訪れた。官軍の猛者で双鞭の異名をとる呼延灼が梁山攻めにしくじり、その汚名を晴らすべく青州の慕容知事と結託して桃花山に攻め寄せ、魯智深は援軍として参加。結果、梁山泊と桃花・二竜・白虎山の豪傑は連合して青州を陥落させる。史進を救おうと華州城に乗りこむが捕虜になってしまい、梁山泊に救われる一面も。その後も北京、曽頭市、東昌府などで転戦する。

108星集結後、歩軍頭領となり、南側第二の関門を守備。遼や反乱軍の撃退で戦い、特に最後の戦いでは敵のボスである方臘を捕まえて大手柄を得る。銭塘江(浙江省の河)で潮信(海嘯、すなわち潮が逆流する音)を聞いた時、
「潮を聴いて円し 信を見て寂す」
と師匠の智真長老に授かった言葉の意味――自分の死期を悟る。潮の音を聞いた六和寺で身を清めた魯智深は座禅を組んで瞑想したまま、息を引き取った。

(※1)当時、捕まった容疑者には食事が出されなかった説が存在する。水滸伝では林冲や武松などが軽い禁固刑や取り調べを受けたり、護送されている最中に支持者がお弁当や食事代を持ってくるシーンが極めて多い。
(※2)中国では伝統的に武官兵士は地位が低く、無学でも就職できることがあった。朝ではその傾向が殊に強かった。同時期の日本で権力を握った武士をはじめ、王朝を揺るがしたマムルーク(エジプト)や武臣政権(高麗)とは一線を画する。
(※3)珍しく詳細な描写が存在する料理で、「煮込んだ犬肉にニンニクおろし、もしくはニンニクの入った味噌」をつけたもの。犬肉・ニンニク共に中国仏教ではタブー。
(※4)素っ裸でベッドに潜り、周通をぶん殴っている。原本の挿絵では肌脱ぎ、もしくは下着姿であり、全裸ではない。
(※5)魯智深を眠らせて身包み剥いだ上で殺し、肉まんの具にしようとした。

関連タグ


水滸伝 義賊 坊主 僧侶 巨漢

pixivに投稿された作品 pixivで「魯智深」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4679

コメント