2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

CV:小倉唯

人物像

 億万長者結婚して玉の輿に乗ろうと誰からも愛されるよう振舞ってきた女の子。その為、本性は腹黒で狡猾なことには間違いない……のだが。

 誰からも愛されるような振る舞い=外面の良さを相手にとって都合の良い言動をすること、つまりあざとく振る舞うことと捉えている節があるため物事の本質を見抜く力に欠け、間宮果乃子から外面の良さ以外はテキトー(外面の良さが通用しない、暗黙のルールや前提条件に対する下調べなどの詰めが甘い)と評されているに至っている。(※)特にリーベ女学園での言動においてその傾向が強い。

(※過去回想でもその本性がバレ、糾弾されている場面がある)

 また負けん気も強く、自分の評価に対して過敏な節もあり、自分の評価を挽回しようと後先考えず軽はずみな行動をすることもあり、この点も詰めの甘さに拍車をかけている。

 リーベ女学園での名前は白鷺陽芽
 リーベ女学園にて初日早々に矢野美月をお姉さまと呼んでしまい、図らずも彼女と姉妹の契約を結んでしまうことになる。

関連タグ

主人公

泉乃純花…『ユリ熊嵐』に登場するキャラクター。中の人が同じ百合作品のキャラクター。
照橋心美…『斉木楠雄のΨ難』に登場するキャラクター。初期の性格傾向として(その方向性や動機こそ異なるものの)自身の野心・欲望を果たすためには本性を隠し、他者に愛嬌を振りまくことも厭わない強かな点が共通する。ただし彼女は陽芽とは違って、この人たち以外にはボロを出すことはない。
姫坂乃愛…『私に天使が舞い降りた!』に登場するキャラクター。自分のことをカワイイと信じ、あざとく振る舞っている点が共通。


























ここから先ネタバレ
















彼女がソトヅラに本気になっているのには、彼女の幼少時代に理由があった。

小学生時代、休み時間にクラスメイトと他愛もない会話をしている時に1人の少女によって、自分の本性を暴露されそれを聞いた友達は、手のひらを返すかのように自分と関わらなくなってしまい、それがきっかけとなり陽芽は自身を嫌う相手に対してもソトヅラを貫き通すようになったのだった。

関連記事

親記事

私の百合はお仕事です! わたしのゆりはおしごとです

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108145

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました