ピクシブ百科事典

神宮寺シャイ

じんぐうじしゃい

日本の男性歌い手。「レペゼン地球」と同じ会社(事務所)に所属していた。
目次[非表示]

概要・本記事について


神宮寺シャイとは、日本男性歌い手である。
無名に近い存在だったが、2021年の6月にレペゼン地球のリーダーにして創立者であるDJ社長と、株主「H」(本名を伏せるためイニシャル)の対立が話題になると、自分が「H」の息子だとセルフ開示した。

本記事は彼と、彼が渦中にある炎上について、本人のTwitterなど事実として発表されている情報を基に解説する。

【そもそもレペゼン地球、DJ社長って?】

レペゼン地球:日本の男性五人から構成される歌手・DJの集団。YouTuberとしても有名だが、本人たちの本業はあくまで音楽。学や品が無いことから来る正直さや、底辺からの成り上がりストーリーが若者の心を掴んでいる。意図する、しないに関わらず炎上することが多い。最近解散した。地球を勝手にレペゼン(代表)するという意味で「レペゼン地球」。

DJ社長:レペゼン地球のリーダー。DJであり、かつレペゼン地球の所属会社(事務所)である「LifeGroup」の社長なので「DJ社長」。癖の強いメンバーを束ねる。普段はふざけているが、努力家で切れ者。破天荒な半生と若者の夢を応援する姿勢から、自己啓発系インフルエンサーの括りに入れられることもある。

【レペゼン地球に関する炎上まとめ】

①「偽セクハラ」騒動→レペゼン地球の炎上商法。DJ社長が女性タレント「ジャスミンゆま」にセクハラしたとニュースになったが、全てやらせだった。世間の注目を集めるための嘘だったが、大バッシングを受けたため炎上商法としては失敗した。後に謝罪。
②「コレコレ脅迫」騒動→DJ社長の炎上。ゴシップ暴露系YouTuberのコレコレに反感を持ったDJ社長が、彼に脅迫めいたメッセージや電話を残す。後に謝罪し和解。
③「カレーポリス」騒動→レペゼン地球の炎上。炎上商法の意図はなく、教養の欠如からインドを無自覚に馬鹿にしてしまい大炎上してしまった。後に謝罪。
④「解散の真実」騒動→今回の事件。当事者間の発言の食い違いはあれど、全て真実。また主に炎上しているのはレペゼン地球ではなく「H」とその息子である神宮寺シャイ。

【「解散の真実」騒動において暴露されている事実まとめ】

(DJ社長をはじめとするレペゼン地球側の主張)
●DJ社長による「H」親子に関する暴露動画


●レペゼン地球のメンバーのDJふぉいによる「H」に関する暴露動画


●レペゼン地球のメンバーのDJふぉいによる神宮寺シャイに関する暴露動画

DJ社長による「H」親子に関する暴露の記事
レペゼン地球の準メンバーのチバニャンによる「H」親子に関する暴露ツイート
DJ社長による神宮寺シャイの主張への反論の記事

(「H」とその息子である神宮寺シャイ側の主張)
神宮寺シャイによるDJ社長への反論ツイート
「H」によるDJ社長への反論の記事(1)
「H」によるDJ社長への反論の記事(2)

プロフィール

●性別:男性
●年齢:23歳(2021年6月現在)
●生年月日:1997年(平成9年)8月26日
●星座:おとめ座
●血液型:O型
●職業:歌い手、メンズアイドル、ドラマー(元)
●イメージ絵文字:🦋
●イメージカラー:青色
●好きな色:ピンク色
●学歴:大卒(高校(出身校不明)大学(出身校不明))
※DJ社長の後輩らしいが、学校の後輩なのか会社の後輩なのか不明。

所有するブランド品

●自動車:BMW X7
●時計①:VERSACE(ヴェルサーチェ)
●時計②:AppleWatch
●パソコン①:Mac(デスクトップ)
●パソコン②:MacBook(ラップトップ)
●服:lui'sNUMERALSなど
●靴:YOSUKEなど
●アクセサリー:ルイ・ヴィトン?ヴィヴィアン・ウエストウッド?クロムハーツなど
●アートボード:シャネル(自宅ではない可能性もあるが、二枚以上の自撮りの背景に映り込んでいる)

公式アカウント


経歴・今回の事件の経緯

誕生

1997年(平成9年)8月26日、実業家の男性「H」の息子として生まれる。

父「H」とDJ社長の出会い

パーティーイベントのオーガナイザー業で学生起業家として成功していたDJ社長だが、ミスをしたり詐欺に遭ったりとトラブルが続き莫大な借金を背負う。DJ社長は、もうこれは自分自身が有名人になり大金を稼ぐことでしか借金は返済できないと考えた。

そんなDJ社長に、知り合いの経営者「H」は新しい会社を建て、自分を株主にすることを勧める。
理由は、借金を抱えたまま新規事業を始めても会社が差し押さえられる可能性があるからである。つまり借金塗れで何も出来なくなったDJ社長に救いの手を差し伸べたのである。

社長はこの提案に応じ、「H」を株主とする株式会社「LifeGroup」、そして自身をリーダーとするDJ集団「レペゼン地球」を設立。ただし自分が借金を返済したら、株を全て自分に売却するようにと「H」と約束を交わした。

レペゼン地球の軌跡、その裏側

当初レペゼン地球は全く売れず、全国のライブハウスを無給で巡ったり、Twitterに体を張った過激な動画を投稿するなど地道な営業活動を行っていた。そのためDJ社長やメンバーはホームレス同然の生活をしていた。給料も月一万円ほどで、歩合制だった。その際、「H」は運転手などを引き受け、メンバーと一緒に泥臭く頑張っていたという。(ただしレペゼン地球のメンバーには、自分たちが売れるまであまり「H」を見かけたことがないと言われている) また、このあたりの時期から「H」の息子であり当時高校生だった神宮寺シャイがドラマーとしてレペゼン地球のサポートに入ることがあった。

しばらくして、レペゼン地球はYouTubeがきっかけに人気に火がつく。zeppや幕張といった大きな会場を埋めることができるほどのファンを抱えるようになった。このあたりから「DJ社長たちがアーティストとしての活動に専念できるように」と「H」は会社の経理になる。

この頃、「H」の息子の神宮寺シャイは父の会社を手伝うドラマーとしてではなく、独立した個人として、歌い手・メンズアイドルの活動を始める。これは父の権威や財産を狙って自分に近づいてくる人たちに嫌気がさしたからだという。しかし特に自立して芸能活動をしていたわけではなく、父「H」とDJ社長の会社であるLifeGroup所属のアーティストだった。会社から月十万円程度(DJ社長が言うには二百万)の給料をもらい、レペゼン地球やその関係者から楽曲の提供を受け、会社のアメックスのクレジットカードで自身の活動経費を支払っていた。会社のカードはレペゼン地球のメンバーにも渡されていなかったものである。(リーダーであるDJ社長は持っていた)

DJ社長とレペゼン地球側はシャイのLifeGroup入りを拒否しており、父が秘密裏に息子のシャイを入れた可能性が高い。シャイは事務所にほとんど顔を出していなかったらしく,LifeGroupにいつ所属していたのか、本当に所属していたのかもレペゼン地球のメンバーは把握できていなかった。

レペゼン地球と「H」親子の決別、そして

リーダーであり創立者であるDJ社長は「H」と同額の給料をもらい、学生時代の借金も完済することができた。しかしレペゼン地球のメンバーは給料が少なかった。大きな会場を埋めることができるアーティストなのにも関わらず、会社が歩合制から給料制に移行したため、ほぼ無名と言っていい神宮寺シャイと同じ月十万円程度しか給料を貰えなかった。
(ただし、ライブ配信の投げ銭で最低でも月三十万円以上を直接メンバーが受け取ることを許されており、完全に月十万円でメンバーが生活したわけではない。また、「H」によればメンバーの給料はDJ社長と話し合って決めたことらしい)

また、「H」は胸ぐらを掴む、LINEを連投するなど高圧的な態度をとりレペゼン地球のメンバーにストレスを与えることもあった。借金を完済したDJ社長が株を売るように頼んでも、「散々レペゼン地球は自分に迷惑をかけたのだからそれは出来ない。もし株を売って欲しいなら自分に数百万の退職金とレペゼン地球の商標権を譲渡せよ」と「H」は拒否した。DJ社長からすると約束を反故にされた形である。(「H」はそんな約束はしていないと主張している)

これに不信感を募らせたDJ社長は「H」と交渉を続け、当初の約束には及ばないが株を49%まで取り戻すことに成功。帳簿を見たところ、会社の使途不明金があり、「H」に横領されていることに気づく。(「H」はこれを期を跨いで計上しただけだと否定している。また、DJ社長はその主張に反論)
DJ社長は「H」は背任・横領していると結論を出した。

その結果、「H」はDJ社長をクビにした。

これらが契機となり、DJ社長をはじめとするレペゼン地球と「H」は大口論になる。その際「H」は大声で恫喝したが、メンバーの一人であるDJ銀太に、「会社の詳しい事情は自分には分からないが、話し合いが終わる前になぜDJ社長をクビにしたのか? なぜ息子(神宮寺シャイ)は頑張ってもないのに、自分たち(レペゼン地球)より良い生活をしているのか?」と言い返されている。

結果として、会社LifeGroupからDJ社長をはじめとするレペゼン地球のメンバーは「レペゼン地球」の商標権などを諦めて退社し、独立した。これにより急遽解散することになり、目標であったドーム公演をコロナの時期に行うことを余儀なくされる。解散ライブはLifeGroupに関係のない団体と協力し、クラウドファンディングで資金を集めて行った。(あのラファエルもかなり全面的に経済支援を行ったらしい。)レペゼン地球時代の動画や楽曲も全て削除した。解散後は、レペゼン地球結成当初からの大目標であった「世界一」を目指し、「Repezen_Foxx」として再スタートを果たした。今まで通りYouTubeに動画投稿する他、音楽映像シリーズ「CandyFoxx」やTikTok、Instagramでの活動にも力を入れている。また、レペゼン地球時代の楽曲もサンプリングのような形で少し変えて使用している。



現在、レペゼン地球の商標権とマスコットキャラである「じぇにふぁー」などは「H」が持っている。削除されたレペゼン地球の動画や音楽をLifeGroupのYouTubeチャンネルで「想い出箱」と題して再投稿されている。レペゼン地球のファンなら,これらのチャンネルはもはやレペゼン地球のメンバーと一切関わりがないことに注意すべきだろう。

【レペゼン地球に関するYouTubeチャンネルまとめ】

✖️「H」と繋がっているYouTube曲チャンネルレペゼン地球想い出箱 LifeGroup Music
✖️「H」と繋がっているYouTube動画チャンネルレペゼン地球想い出箱 LifeGroup Movie
✖️「H」と繋がっているマスコット「じぇにふぁー」のYouTubeチャンネルじぇにふぁーちゃんねる
⭕️ レペゼン地球メンバーが現在関わっているYouTube曲チャンネルCandy Foxx
⭕️レペゼン地球メンバーが現在関わっているYouTube動画チャンネルRepezen Foxx
⭕️レペゼン地球準メンバーのチバニャンのYoutubeチャンネルChibaNyan チバニャン
※また、レペゼン地球メンバーのライブ配信の転載とその切り抜き動画はレペゼン地球のメンバーたちの公認であり、広告収益の半分はメンバーに入っている。
※チバニャンだけでなく、KOERUやシノサン、DEVINCYといったレペゼン地球の準メンバーたちも現在「H」と繋がりはない。ちなみにジャスミンゆまも既にLifeGroup社から退社し引退している。

現在、会社から無許可で資金を集めてライブを行ったレペゼン地球に対して「H」は裁判を起こしている。

父からの独立と再出発

レペゼン地球のお金を横領した父の恩恵を受けているとして大炎上してから数日後、シャイは父の会社であるLifeGroupから独立してゼロから新たな活動をすることを表明した。メンズアイドルグループTrip✝︎lip(トリップリップ)の青色担当としてデビューするという。

また、親のことやLifeGroupの経営については自分には関与できない部分であること、そしてあくまで自分は家族である父の言い分を信じると述べた。

炎上時に受けた自分に対する厳しい声には、今後の活動によって応えていくという。

DJ社長も、シャイ並びに「H」に関しては誹謗中傷をやめるようにツイートしている。

父「H」との関係

  • 父からは成人祝いや免許取得祝いに高価な車や時計をプレゼントされている。これは決してレペゼン地球の収益を横流ししたものではないようだ。


  • 父は息子である神宮寺シャイを、LifeGroupだけでなくレペゼン地球のメンバーにしようとしており、そのたびにDJ社長に断られていた。(シャイ自身はレペゼン入りしたいとは思っていない)

  • 神宮寺シャイの楽曲は、数多くの著名なトラックメーカーやバンド、ギタリストが参加する豪華なものだった。また、YouTubeの広告にもなっているため、かなりのお金がかかっている。

努力と給料

レペゼン地球のメンバーからは、「彼(神宮寺シャイ)が努力しているのを見ていない。なぜ頑張っていない彼の方がドームに立てるアーティストの自分たちより待遇が良いのか?」と指摘されている神宮寺シャイ。

彼は「決して自分の給料は高くない。高級車や高級時計はあくまで父からのプレゼントだし、服やマンションは会社から出た活動用の経費である。そして自分の頑張りをレペゼン地球が見ていないだけ」と反論した。

しかしこれらの双方の言い分を踏まえても、
「レペゼン地球のメンバーの給料が、彼らの出した結果に見合っていない」
「レペゼン地球が稼いだ大金の一部あるいは全部が結果的に「H」からのプレゼントや会社からの活動費という形で神宮寺シャイに流れている」
「神宮寺シャイは無名に近く、一般的に考えれば活動資金を出すに値するアーティストではない」
といった事実は残る。

また、シャイは「ドライブに行きませんか?」と自分が父に買ってもらった高級車の写真をTwitterにアップしていたが、それを後に削除している。

シャイの周辺の人物

など

余談

なお、動画や本項目では「H」と伏せているものの、既に特定は進んでしまっているが、中には「H」の正体を(半ばネタだと思われるが)へずまのHと邪推する者もいたようで、へずま氏は動画内で「知らんガキから殺害予告が来た」とネタにしていた。
ただし、上記にもあるように、いずれにせよ相手がどんな人物であれ、そういった特定や誹謗中傷などの行為はするべきではない。



そして・・・・・・・

2021年12月27日に、DJ社長により「社長が一定の解決金をH氏に支払い、『レペゼン地球』名義の権利は全てDJ社長に帰属する」という形で解決した。


関連タグ

歌い手
DJ社長 レペゼン地球
 株式会社
上級国民 
チンフェ……セルフ開示の先輩

関連記事

親記事

歌い手 うたいて

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました