ピクシブ百科事典

空中戦艦パル・キマイラ

くうちゅうせんかんぱるきまいら

小説『日本国召喚』に登場する超兵器である。
目次[非表示]

概要

古の魔法帝国が建造し、神聖ミリシアル帝国が保有する超兵器で、登場時点で7隻が発掘され5隻が稼働状態にある。
運用は軍ではなく魔帝対策省古代兵器分析戦術運用部が請け負っており、機密保持のため職員は仮面を被り、暗号で互いを呼びあっている。
上から見るとメルセデス・ベンツのマークに似ている。

諸元

全長260.2m
全高38m
速力200km/h
主砲15cm三連装魔導砲三基
アトラタテス砲(魔導CIWS)発射速度 3000発/m六基
超大型魔導爆弾ジビル六発
機関反重力魔導エンジン主+補 六基
装甲20~40mm機銃弾、対空砲弾の破片に耐える程度 + 魔導障壁?


戦歴

1号機、2号機が書籍版四巻のバルチスタ沖大海戦に参戦、向かって来たグラ・バルカスの戦闘機、爆撃機をアトラタテス砲で撃破し、グラ・バルカス艦隊に高低差と速度、および砲の命中精度で優位に立ち、高角砲の射程外から一方的に砲撃を浴びせる。
しかし15cm砲では戦艦に致命傷を与えられなかったため、対空砲火を弾き返しつつ敵艦隊に突入、敵艦直上でジビルを投下し仕止める。この『戦艦を撃沈しうる武装がジビルしかない』ことがフラグになってしまう。

1号機艦長が時間と燃料代を惜しんで一気に敵旗艦グレードアトラスターを叩こうと直線移動をしてしまう、これを見たグレードアトラスターは徹甲弾を斉射する半ば賭けに出る、奇跡的に一発が1号機の機関部に直撃、46cm砲弾を喰らった1号機は爆沈した。
この撃墜は後に「神業」といわれるが、「毎度神業に頼るわけにも行かない」とも語られるなど、グラ・バルカス側にとってもギリギリの勝利であった。(大海戦自体、および政治的にはグラ・バルカス艦隊の当該海域からの排除という戦略目標の未達成、及び切り札たる超兵器(発掘品のレストアが精一杯で建造は不可能)を失った二点から、ミリシアル側の大敗と言える)

その後

2019年7月24日現在のブログ版では、色々あってグラ・バルカス艦隊と自衛隊の全面衝突が避けられそうもない状況に至る中、援軍として派遣される事が日本に通知されるが、敵味方識別装置を搭載していない為に誤爆の危険性があると判断され、日本側からは「邪魔」になる懸念を持たれている模様。ブログの更新間隔がこれまでより空いているため、続きの投稿が待たれるところである。


関連タグ

日本国召喚 神聖ミリシアル帝国 飛行戦艦

関連記事

親記事

神聖ミリシアル帝国 しんせいみりしあるていこく

pixivに投稿された作品 pixivで「空中戦艦パル・キマイラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント