ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

立花彩

たちばなあや

ライトノベル『KZ少年少女ゼミナール』および『探偵チームKZ事件ノート』の主人公。
目次 [非表示]

概要

ライトノベル『KZ少年少女ゼミナール』および『探偵チームKZ事件ノート』の主人公。

5歳年上のと5歳年下のがいるが、それぞれが優秀で両親から期待を受けているため、強いコンプレックスになっている。その事から非常に引っ込み思案な性格になってしまい、家庭でも学校でも孤立している。


初登場時は小学6年生で、中学受験のために学習塾「秀明ゼミナール」に通っている。国語が得意、それ以外の科目は英語は国語程ではないが得意、社会と理科は普通(理科の方がやや得意の様子)で、数学は平均以下を取った事もある。

秀明ゼミナールの「特別クラス」に編入することになり、クラスのメンバーと交流するうちにさまざまな経験を経て成長していく。「特別クラス」のメンバーからは「アーヤ」という愛称で呼ばれている。

新装版では、若武に文章力を見込まれて探偵チームに引き込まれる。


メンバーと塾や学校で度々接触している際に「なんであんな子がKZと?」となり評判は悪い。

その為中学では武田菜穂一味の標的とされていた(後に和解)。

また、『赤い仮面は知っている』で不良と接触した際にも悪い評判がたってしまった。

彩はそれを嫌がっているため、出来るだけKZメンバーと接触しないようにしているが、そのせいでメンバーを傷つけてしまったことが多々あった。


誕生日11月3日
星座蠍座
血液型A型
好きな色菜の花色
性格一見おとなしくみえるが、怒らせると怖い。
CV巽悠衣子

スリーサイズ…76、56、76

身長150センチ、体重42キロ。


恋愛

本項目は本編ネタバレを含みます。




周りから「なんであんなのが」「可愛くない」「(ドレスを着た際に)ドレスに顔が負けてる」と散々な評価をされる彩だが、作中ではかなりモテている。

(砂原、上杉は確定。黒木、翼、悠飛は曖昧。)

が、当の本人は恋愛に興味があまりない。


本人が「自分は恋をしている」と自覚しているのは『赤い仮面は知っている』『七夕姫は知っている』。

『赤い仮面は知っている』では、シュン・サクライが日本から去る際に「初恋も終わり」と発言している。

『七夕姫は知っている』では、砂原に求婚され戸惑っていた。彩は砂原の告白を拒否しようとしたが、言えず終い。砂原が「トロイ」「顔に出てる」と言い終わった。

高校生編『数学者の夏』では、彩と上杉が付き合っていたことが述べられる。


関連タグ

藤本ひとみ

KZシリーズ KZ少年少女ゼミナール 探偵チームKZ事件ノート

若武和臣 黒木貴和 上杉和典 小塚和彦 砂原翔


橘綾 橘文:「たちばなあや」の同音異句キャラクター(後者はペンネーム)

関連記事

親記事

KZシリーズ かっずしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355506

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました